本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年06月20日

畝山 多加志 (うねやま たかし) 助教 UNEYAMA Takashi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 自然システム学系 高分子材料物性研究室

教育分野

【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻

所属研究室等

高分子材料物性研究室 TEL:076-264-6221 FAX:076-234-4829

学歴

【出身大学院】
名古屋大学 修士課程 工学研究科 計算理工学専攻 2005/03 修了
京都大学 博士課程 理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻 2008/03 修了
【出身大学】
名古屋大学 工学部 物理工学科 2003/03 卒業
【取得学位】
修士(工学)
博士(理学)

職歴

JST-CREST「ソフトマターの多階層/相互接続シミュレーション」プロジェクト特定助教 京都大学化学研究所 特定助教(2008/04/01-2012/03/31)
日本学術振興会特別研究員 (DC1) 京都大学大学院理学研究科 日本学術振興会特別研究員 (DC1)(2005/04/01-2008/03/31)

生年月

1980年09月

所属学会

日本物理学会
高分子学会 「高分子」編集委員会(2016-2018)
日本レオロジー学会 代表委員(2017-)
レオロジー学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○日本レオロジー学会奨励賞(2017/05/18)
○Distinguished Young Rheologist Award(2016/08/03)
○第5回ブリヂストンソフトマテリアルフロンティア賞奨励賞(2014/05/20)
○日本レオロジー学会論文賞(2013/05/16)

専門分野

生物物理・化学物理・ソフトマターの物理

専門分野キーワード

高分子物理、レオロジー、統計力学、シミュレーション

研究課題

著書

  • ソフトポテンシャルモデル (高分子ナノテクノロジーハンドブック 第 5 編第 8 章) エヌ・ティー・エス 2014/03 原著書 単著 畝山多加志 978-4-80643-410-6
  • 分子モデルによる流動特性のシミュレーション (フィルム成形・加工とトラブル対策 -プロセス改善・条件設定便覧- 第 3 章第 1 節) 技術情報協会  2013/04 原著書 単著 畝山多加志
  • Rheo-Dielectric Behavior of Soft Matters (in Non-Equilibrium Soft Matter Physics) World Scientific 2012/02 原著書 共著 Hiroshi Watanabe, Yumi Matsumiya, Kazushi Horio, Yuichi Masubuchi, and Takashi Uneyama 1793-737X

論文

  • Compressive Behavior of Moderately Expanded Low Density Polyethylene (LDPE) Foams Takashi Uneyama, Tetsuhiro Honda, Toshiro Igarashi and Koh-hei Nitta NIHON REOROJI GAKKAISHI (JOURNAL OF THE SOCIETY OF RHEOLOGY, JAPAN) 44巻 1号 29-38頁 2016/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fluctuation Analysis of Time-Averaged Mean-Square Displacement for Langevin Equation with Time-Dependent and Fluctuating Diffusivity Takashi Uneyama, Tomoshige Miyaguchi and Takuma Akimoto PHYSICAL REVIEW E 92巻 3号 032140(1-17)頁 2015/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Self-consistent field model simulations for statistics of amorphous polymer chains in crystalline lamellar structures Takashi Uneyama, Takafumi Miyata and Koh-hei Nitta JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS 144巻 16号 164906(1-13)頁 2014/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Linear viscoelasticity of unentangled corona blocks and star arms Quan Chen and Takashi Uneyama RHEOLOGICA ACTA 53巻 9号 701-714頁 2014/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Rheo-Dielectric Responses of Entangled cis-Polyisoprene under Uniform Steady Shear and LAOS Kazushi Horio, Takashi Uneyama, Yumi Matsumiya, Yuichi Masubuchi, and Hiroshi Watanabe MACROMOLECULES 47巻 1号 246-255頁 2014/01 査読有 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Concentration Dependence of Nonlinear Rheological Properties of Hydrophobically Modified Ethoxylated Urethane Aqueous Solutions Shinya Suzuki, Takashi Uneyama, and Hiroshi Watanabe MACROMOLECULES 46巻 9号 3497-3504頁 2013/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Multi-chain slip-spring model for entangled polymer dynamics Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS 137巻 15号 154902(1-13)頁 2012/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Crossover time in relative fluctuations characterizes the longest relaxation time of entangled polymers Takashi Uneyama, Takuma Akimoto, and Tomoshige Miyaguchi JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS 137巻 11号 114903(1-7)頁 2012/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Concentration dependence of rheological properties of telechelic associative polymer solutions Takashi Uneyama, Shinya Suzuki, and Hiroshi Watanabe PHYSICAL REVIEW E 86巻 3号 031802(1-15)頁 2012/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A multi-scale simulation of polymer processing utilizing parameter-based bridging in melt rheology Y. Masubuchi. T. Uneyama and K. Saito JOURNAL OF APPLIED POLYMER SCIENCE 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Soft-core Interaction Between Entanglement Segments for Primitive Chain Network Simulations  S. Okuda, T. Uneyama, Y. Inoue, Y. Masubuchi and M. Hojo NIHON REOROJI GAKKAISHI (JOURNAL OF THE SOCIETY OF RHEOLOGY, JAPAN) 40巻 1号 21-30頁 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Rheology of Aqueous Solution of Hydrophobically Modified Ethoxylated Urethane (HEUR) with Fluorescent Probes at Chain Ends: Thinning Mechanism S. Suzuki, T. Uneyama, T. Inoue and H. Watanabe NIHON REOROJI GAKKAISHI (JOURNAL OF THE SOCIETY OF RHEOLOGY, JAPAN) 40巻 1号 31-36頁 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Nonlinear Rheology of Telechelic Associative Polymer Networks: Shear Thickening and Thinning Behavior of Hydrophobically Modified Ethoxylated Urethane (HEUR) in Aqueous Solution S. Suzuki, T. Uneyama, T. Inoue and H. Watanabe MACROMOLECULES 45巻 2号 888-898頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Detailed Balance Condition and Effective Free Energy in the Primitive Chain Network Model  T. Uneyama and Y. Masubuchi JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS 135巻 18号 184904(1-17)頁 2011/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Single Chain Slip-Spring Model for Fast Rheology Simulations of Entangled Polymers on GPU T. Uneyama NIHON REOROJI GAKKAISHI (JOURNAL OF THE SOCIETY OF RHEOLOGY, JAPAN) 39巻 4号 135-152頁 2011/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Note for Kohlrausch-Williams-Watts Relaxation Function Y. Kawasaki, H. Watanabe and T. Uneyama NIHON REOROJI GAKKAISHI (JOURNAL OF THE SOCIETY OF RHEOLOGY, JAPAN) 39巻 3号 127-131頁 2011/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Anisotropic Mobility Model for Polymers under Shear and its Linear Response Functions T. Uneyama, K. Horio and H. Watanabe PHYSICAL REVIEW E 83巻 6号 061802(1-15)頁 2011/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Equilibrium Statistics of Weakly Slip-Linked Gaussian Polymer Chains  T. Uneyama and K. Horio JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART B-POLYMER PHYSICS 49巻 13号 966-977頁 2011/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Numerical study of chain conformation on shear banding using diffusive Rolie-Poly model C. Chung, T. Uneyama, Y. Masubuchi and H. Watanabe RHEOLOGICA ACTA 50巻 9-10号 753-766頁 2011/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Optimization of the Multishift QR Algorithm with Coprocessors for Non-Hermitian Eigenvalue Problems T. Miyata, Y. Yamamoto, T. Uneyama, Y. Nakamura and S.-L. Zhang EAST ASIAN JOURNAL OF APPLIED MATHEMATICS 1巻 2号 187-196頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structure of Entangled Polymer Network from Primitive Chain Network Simulations  Y. Masubuchi, T. Uneyama, H. Watanabe, G. Ianniruberto, F. Greco and G. Marrucci JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS 132巻 13号 134902(1-8)頁 2010/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Primitive chain network simulations for entangled DNA solutions Y. Masubuchi, K. Furuichi, K. Horio, T. Uneyama, H. Watanabe, G. Ianniruberto, F. Greco and G. Marrucci JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS 131巻 11号 114906(1-8)頁 2009/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Formation of globules and aggregations of DNA chains in DNA/polyethylen glycol/monovalent salt aqueous solutions H. Kawakita, T. Uneyama, M. Kojima, K. Morishima, Y. Masubuchi and H. Watanabe JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS 131巻 9号 094901(1-9)頁 2009/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 正方行列向け特異値分解のCUDAによる高速化 深谷猛, 山本有作, 畝山多加志, 中村佳正 情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム(ACS) 2巻 2号 98-109頁 2009/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Wall boundary model for primitive chain network simulations  S. Okuda, Y. Inoue, Y. Masubuchi, T. Uneyama and M. Hojo JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS 130巻 21号 214907(1-7)頁 2009/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Theoretical Analysis of Rheo-dielectric Response of Type-A Polymer Chains T. Uneyama, Y. Masubuchi, K. Horio, Y. Matsumiya, H. Watanabe, J. A. Pathak and C. M. Roland JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART B-POLYMER PHYSICS 47巻 11号 1039-1057頁 2009/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Primitive Chain Network Simulations of Conformational Relaxation for Individual Molecules in the Entangled State. II. Retraction from Stretched States Y. Masubuchi, T. Uneyama, H. Watanabe, G. Ianniruberto, F. Greco and G. Marrucci NIHON REOROJI GAKKAISHI (JOURNAL OF THE SOCIETY OF RHEOLOGY, JAPAN) 37巻 2号 65-68頁 2009/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Coarse-Grained Brownian Dynamics Simulations for Symmetric Diblock Copolymer Melts Based on the Soft Dumbbell Model Takashi Uneyama NIHON REOROJI GAKKAISHI (JOURNAL OF THE SOCIETY OF RHEOLOGY, JAPAN) 37巻 2号 81-90頁 2009/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ある在庫管理計画問題の動的計画法による解法とCUDAを用いた高速化 深谷猛, 山本有作, 畝山多加志, 堀玄, 梅野健 情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム(ACS) 1巻 2号 221-230頁 2008/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 長方行列向け特異値分解の浮動小数点コプロセッサによる高速化 深谷猛, 山本有作, 畝山多加志, 堀玄, 梅野健 情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム(ACS) 48巻 SIG8号 31-43頁 2007/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Density functional simulation of spontaneous formation of vesicle in block copolymer solutions Takashi Uneyama JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS 126巻 11号 114902(1-17)頁 2007/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Calculation of the Micellar Structure of Polymer Surfactant on the Basis of the Density Functional Theory Takashi Uneyama and Masao Doi MACROMOLECULES 38巻 13号 5817-5825頁 2005/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Density Functional Theory for Block Copolymer Melts and Blends Takashi Uneyama and Masao Doi MACROMOLECULES 38巻 1号 196-205頁 2004/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 高分子系ダイナミクスのメソスケール構造粗視化モデルの構築(会議名:日本レオロジー学会第44年会)(2017/05/18)
  • イソタクチックポリプロピレンの熱収縮挙動のモデル化(会議名:第65回高分子討論会)
  • Bending Behavior of Moderately Expanded Linear Low Density Polyethylene (LLDPE) Foams with Different Relative Densities(会議名:The XVIIth International Congress on Rheology)(2016/08/13)
  • Effect of Cellular Structure on Compressive Behavior of Moderately Expanded Low Density Polyethylene (LDPE) Foams(会議名:The XVIIth International Congress on Rheology)(2016/08/13)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「高次構造を基本単位とした多相系高分子の運動モデルの構築」(2013-2016) 代表者
○基盤研究(B)「高分子の流動下での緩和」(2011-2013) 分担者
○若手研究(B)「剪断流動下での高分子鎖の誘電的および力学的応答理論の構築」(2010-2012) 代表者
○基盤研究(B)「ブロック共重合体ダイナミクスに対する熱力学的拘束と空間的拘束の効果」(2009-2011) 分担者
○特別研究員奨励費「ブロックコポリマー系の密度汎関数理論およびシミュレーション」(2005-2007) 代表者

学域・学類担当授業科目

○バイオ・物質循環工学演習A(2017)
○物質循環工学演習D(2017)
○物質循環工学概論1(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)
○物質循環工学演習C(2017)
○物質循環工学演習A(2017)
○物質循環工学概論2(2017)
○移動現象論基礎(2017)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○移動現象論基礎(2016)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2016)
○物質循環工学演習D(2016)
○物質循環工学演習C(2016)
○物質循環工学演習A(2016)
○物質循環工学概論(2016)
○バイオ・物質循環工学演習A(2016)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2015)
○物質循環工学概論(2015)
○物質循環工学演習C(2015)
○物質循環工学演習A(2015)
○バイオ・物質循環工学演習A(2015)
○物質循環工学演習D(2015)
○初学者ゼミ(2014)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2014)
○物質循環工学演習A(2014)
○バイオ・物質循環工学演習A(2014)
○バイオ・物質循環工学演習C(2014)
○物質循環工学演習C(2014)
○バイオ・物質循環工学概論(2014)
○物質循環工学演習D(2014)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2013)
○初学者ゼミ(2013)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2012)

大学院担当授業科目

○化学工学基礎A(2017)
○化学工学基礎B(2017)
○化学工学基礎A(2016)
○化学工学基礎B(2016)
○化学工学基礎(2015)
○化学工学基礎(2014)
○化学工学基礎(2013)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ