本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

多田 薫 (ただ かおる) 助教 TADA Kaoru

メール

所属組織・役職等

理工研究域 自然システム学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 自然システム学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻

所属研究室等

状態解析講座 TEL:076-234-4805 FAX:076-234-4829

学歴

【出身大学】
青山学院大学 理工学部 化学 1983 卒業
【取得学位】
博士(工学)

職歴

生年月

所属学会

化学工学会
プラスチック成形加工学会

学内委員会委員等

○共通教育化学グループ幹事会 ④委員(2012-)

受賞学術賞

専門分野

高分子・繊維材料、反応工学・プロセスシステム、化工物性・移動操作・単位操作、化学工学熱力学

専門分野キーワード

高分子反応、相平衡、シミュレーション

研究課題

液晶ポリマー製造プロセスにおける反応シミュレーション解析

液晶ポリマー(LCP)は,近年,コネクター,リレー,スイッチなどの電気・電子分野や情報通信分野を中心に需要が大きく増加している。本研究は,液晶ポリマー製造プロセスにおけるアセチル化から重縮合までの一連の反応に対して数学モデルを提案し,シミュレーションにより最適な製造条件の予測や新規ポリマーの開発を目指す。

非電解質溶液の熱力学

高分子反応プロセスに関する研究

著書

論文

  • Association Model and Its Representation of Phase Equilibria and Excess Enthalpies of Alcohol, Aniline and Acetonitrile Mixtures Isamu Nagata, Kazuhiro Tamura, Kaoru Tada, Fumihiro Nishikawa Journal of Solution Chemistry 29巻 9号 815-835頁 2000 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Association Model of Fluids. Simultaneous Representation of Excess Gibbs Energies and Excess Enthalpies for Liquid Mixtures with Alkanols Isamu Nagata, Kazuhiro Tamura, Naoki Kishi, Kaoru Tada Fluid Phase Equilibria 135巻 227-247頁 1997 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Liquid-Liquid Equilibria for Quaternary Mixtures of Water, Ethanol, and 2,2,4-Trimethylpentane with Fuel Additives Kazuhiro Tamura, Yao Chen, Kaoru Tada, Toshiro Yamada Fluid Phase Equilibria 171巻 115-126頁 2000 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Representation of Multicomponent Liquid-Liquid Equilibria for Aqueous and Organic Solutions Using a Modified UNIQUAC Model Kazuhiro Tamura, Yao Chen, Kaoru Tada, Toshiro Yamada, Isamu Nagata Journal of Solution Chemistry 29巻 5号 463-488頁 2000 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Basic Analysis of the Deformation Behavior of Shape Memory Polymer T.Yamada, K.Tada ほか5名 PPS-18 ,8-1号  8-2頁 2002/04 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)

全て表示

  • Preparation and shelf-life stability of aqueous polyurethane dispersion C.Chinwanitcharoen, K.Tadaほか4名 Macromolecular Symposia 216巻 1号 229-240頁 2004/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of the Deformation and Recovery Behavior of Shape Memory Polymer T.Yamada, K.Tadaほか3名  Polymer Processing Society (PPS-19) 1-5頁 2003/07 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Influence of process conditions on bowing phenomenon in successive biaxial stretching with tenter T.Yamada, G.Sugihara, T.Iwasaki, K.Tada NUMIFORM 2004 CD-ROM巻 N116号 1453-1458頁 2004/06 査読無 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Preparation of Waterborne Polyurethanes : Effect of NCO/OH Ratio and Molecular Weight of Polyol on the Particle Size C.Chinwanitcharoen, K.Tadaほか4名 MACRO 2004 CD-ROM巻 P1号 1頁 2004/07 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Simulation of the Deformation and Recovery Behavior of Shape-memory Polymer C.Chinwanitcharoen, T.Yamada, K.Tadaほか3名 ICR 2004 CD-ROM巻 AR12号 1-3頁 2004/08 査読無 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Analysis of Thermal Deformation of PVC Lining in Steel Pipe H.Maikawa, K.Tada, T.Yamadaほか2名 ICR 2004 CD-ROM巻 AR17号 1-3頁 2004/08 査読無 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Prediction of Bowing Phenomenon for Polyimide Film Accompanying Reactions and Removal of Solvents during Heatsetting in a Tenter T.Iwasaki, G.Sugihara, K.Tadaほか3名 ICR 2004 AR25号 1-3頁 2004/08 査読無 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Prediction of Film Elongation Behavior in Drawing Between Rolls A.Tsukamoto, T.Yamada, K.Tadaほか3名 ICR 2004 AR26号 1-3頁 2004/08 査読無 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Mesurement on Diffusion Coefficient of DMF(DMAc)-Segmented Poly-Urethane Urea System Xin Li, Guang Zhu Li,K.Tadaほか5名 PPS-2004 1-2頁 2004/08 査読無 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Prediction of film elongation behavior in drawing between rolls T.Yamada, A.Tsukamoto, K.Tadaほか3名 CHISA 2004 1-15頁 2004/08 査読無 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Phase Inversion Emulsification of an Ionomeric Polymer-Water System C.Chinwanitcharoen, T.Yamada, K.Tadaほか3名 10th APCChE Congress:APCChE 2004 1-7頁 2004/10 査読無 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Simulation of the Storage of Molten Poly(Etylene Telephthalate) T.Yamada, L.Hao, K.Tada, S.Konagaya Inter. J. Chem. Reactor Eng. 3巻 1-16頁 2005/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Mathematical Model for Computer Simulation from Acetylation to Polycondensation for Liquid Crystalline Polymer Production 3巻  1-4頁 2008/08 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • A Mathematical Model for Computer Simulation from Acetylation to Polycondensation for Liquid Crystalline Polymer Production 368頁 2007/12 査読有 ①原著論文
  • Simulation of the Storage of Molten Poly(Etylene Terephthalate) 3巻  1-16頁 2005/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ヒートサイクル信頼性評価中での配線間に生ずる熱残留応力の有限要素解析による予測 串崎義幸,中村省三,多田 薫,山田敏郎 成形加工 18巻 2号  149-155頁 2006/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation of Aqueous Polyurethane Dispersions Using Aromatic Diisocyanate 239巻  51-57頁 2006/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Measurement of Diffusion Coefficients of Dimethyl Formamide and Dimethyl Acetamide in Segumented Poly(urethane-urea) 成形加工 18巻 7号  517-523頁 2006/07 査読有 ①原著論文
  • Crystallization characteristics of PET/TiO2 Nanocomposites Materials Science : An Indian Journal 2巻  154-160頁 2006/12 査読有 ①原著論文
  • セグメントポリウレタンウレア繊維の乾式紡糸工程のシミュレーション 成形加工 19巻 5号  300-310頁 2007/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dispersion of Nano TiO2 in Ethylene Glycol and Poly(ethylene terephthalate)  Composite Interfaces 17巻 5-7号 559-570頁 2010/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 表面修飾シリカナノ粒子が導電性高分子複合材に与える導電性向上効果について 大澤六合豊,小長谷重次,山田敏郎,多田 薫,沼田 修 成形加工 28巻巻 2号号 75-80頁 2016/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • ポリプロピレンの二軸延伸性と偏肉精度の解明(会議名:成形加工’16)(2016/06/14)
  • 二軸延伸評価機構の開発とポリプロピレンの二軸延伸性評価への応用(会議名:成形加工’16)(2016/06/14)
  • 連続式超臨界水熱合成法を用いたLiMnxNiyCo1-x-yO2の合成と放電特性(会議名:化学工学会第82年会)(2017/03/06)
  • 流通式超臨界水熱合成法を用いたLiMn1/3Ni1/3Co1/3O2 の合成(会議名:化学工学会第81年会)(2016/03/13)
  • セルロースナノファイバー(CeNF)充填導電性高分子複合材料の導電性(会議名:第21回フィラーシンポジウム)(2013/11/14)

全て表示

  • 電性高分子複合材料の導電性への有機ナノ粒子表面修飾基の効果(会議名:第20回プラスチック成形加工学会秋季大会「成形加工シンポジア‘13」)(2013/11/07)
  • セルロースナノファイバー(CeNF)充填導電性高分子複合材料の導電性(会議名:第20回プラスチック成形加工学会秋季大会「成形加工シンポジア‘13」)(2013/11/07)
  • “Simulation for a Drying Process of Solvent Cast Films Such as a TAC Film”, Proceedings of the 27th Annual Meeting of the Polymer Processing Society (PPS-27), May 10-14, 2011, Marrakech (Morocco), Paper Filed in CD-ROM, pp.1-10 (2011.5).(2011)
  • “A Mathematical Model for Computer Simulation from Acetylation to Polycondensation for Liquid Crystalline Polymer Production”, Proceedings of the 1st FAPS Polymer Congress (FAPS2009), October 20-23, 2009, Nagoya, (Japan),(2009.10).(2009)
  • “Effect of organic and inorganic particles on conductivity of water soluble conductive polymerpolyvinylalcohol composites”, Proceedings of the 26th Annual Meeting of the Polymer Processing Society (PPS-26), July 4-8, 2010, Banff (Canada), (2010.7).(2010)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○化学Ⅰ(2017)
○バイオ・物質循環工学実験(2017)
○物質循環工学実験B(2017)
○バイオ・物質循環工学概論(2017)
○物質循環工学実験A(2017)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2017)
○物質循環工学演習B(2017)
○バイオ・物質循環工学演習B(2017)
○バイオ・物質循環工学実験A(2016)
○バイオ・物質循環工学概論(2016)
○化学Ⅰ(2016)
○物質循環工学実験A(2016)
○バイオ・物質循環工学演習B(2016)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2016)
○物質循環工学実験B(2016)
○物質循環工学演習B(2016)
○物質循環工学演習B(2015)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2015)
○物質循環工学実験A(2015)
○初学者ゼミ(2015)
○バイオ・物質循環工学演習B(2015)
○物質循環工学実験B(2015)
○バイオ・物質循環工学実験(2015)
○化学技術の最前線(2015)
○化学技術の最前線(2014)
○初学者ゼミ(2014)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2014)
○バイオ・物質循環工学実験A(2014)
○物質循環工学実験B(2014)
○バイオ・物質循環工学演習B(2014)
○物質循環工学実験A(2014)
○物質循環工学演習B(2014)
○バイオ・物質循環工学実験(2014)
○バイオ・物質循環工学概論(2014)

大学院担当授業科目

○化学工学基礎A(2017)
○化学工学基礎B(2017)
○化学工学基礎A(2016)
○化学工学基礎B(2016)
○化学工学基礎(2015)
○化学工学基礎(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ