本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

髙信 敏 (たかのぶ さとし) 教授 TAKANOBU Satoshi

メール

所属組織・役職等

理工研究域 数物科学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 数物科学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 数物科学専攻

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
東京都立大学 博士課程 理学研究科 数学 1986/03 単位取得満期退学
東京都立大学 修士課程 理学研究科 数学 1982/03 修了
【出身大学】
静岡大学 理学部 数学科 1980/03 卒業
【取得学位】
理学博士

職歴

椙山女学園大学 家政学部 講師(1987/04/01-1989/03/31)
徳島大学 総合科学部 助教授(1989/04/01-1992/09/30)
金沢大学 理学部(1992/10/01-2004/04/30)
金沢大学 自然科学研究科(2004/05/01-)

生年月

1957年09月

所属学会

日本数学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

数学一般(含確率論・統計数学)、解析学基礎

専門分野キーワード

有限整アデール、局所時間

研究課題

「2整数が互いに素になる確率」から「中心極限定理」へ

Malliavin解析における多次元Brown運動の局所時間

著書

  • 確率論 共立出版 2015/05/25 原著書 単著 高信敏 978-4-320-11159-2
  • Bohr-Jessen Limit Theorem, Revisited 日本数学会 2013/07 原著書 単著 978-4-86497-019-8
  • 詳解 測度と積分 金沢電子出版 2007/02 原著書 単著 978-4-89010-469-7

論文

  • Bohr-Jessen process and functional limit theorem Kyoto Journal of Mathematics 2014/10 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • On the error estimate of the integral kernel for the Trotter product formula for Schrodinger operators Satoshi Takanobu Ann. Probab. 25巻 1895-1952頁 1997 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • On the distribution of k-th power free integers, II Osaka J. Math 50巻 687-713頁 2013/09 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • On the trace norm estimate of the Trotter product formula for Schrodinger operators Satoshi Takanobu Osaka J. Math. 35巻 659-682頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • The probability of two F_q-polynomials to be coprime 49巻  455-478頁 2007/07 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)

全て表示

  • On the strong-mixing property of skew product of binary transformation on 2-dimensional torus by irrational rotation Satoshi Takanobu Tokyo J. Math. 25巻 1-15頁 2002 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Estimate of the difference between the Kac operator and the Schrodinger semigroup Takashi Ichinose, Satoshi Takanobu Commun. Math. Phys. 186巻 167-197頁 1997 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A limit theorem for Weyl transformation in infinite-dimensional torus and central limit theorem for correlated multiple Wiener integrals Hiroshi Sugita, Satoshi Takanobu J. Math. Sci. Univ. Tokyo 7巻 99-146頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Limit theorem for symmetric statistics with respect to Weyl transformation: Disappearance of dependency Hiroshi Sugita, Satoshi Takanobu J. Math. Kyoto Univ. 38巻 653-671頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Random Weyl sampling for robust numerical integration of complicated functions Hiroshi Sugita, Satoshi Takanobu Monte Carlo Methods and Appl. 6巻 27-48頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The norm estimate of the difference between the Kac operator and Schrodinger semigroup II: The general case including the relativistic case Takashi Ichinose, Satoshi Takanobu Electronic J. Probab. 5巻 ,paper no号  5頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The norm estimate of the difference between the Kac operator and the Schrodinger semigroup: A unified approach to the nonrelativistic and relativistic cases Takashi Ichinose, Satoshi Takanobu Nagoya Math. J. 149巻 53-81頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • The probability of two integers to be co-prime, revisited --- on the behavior of CLT-scaling limit Hiroshi Sugita, Satoshi Takanobu OSAKA JOURNAL OF MATHEMATICS 40巻 945-976頁 2003 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)

講演・口頭発表等

  • [1] 日本数学会年会(於早大理工)、Bohr-Jessen の極限定理の極限分布のσ → 1/2 のときの挙動 ― 確率密度関数の漸近展開、2011年3月20日 (2010)
  • [1] 確率論シンポジウム(於熊本大), オイラー定数のランダム化,そのときに現われる極限定理 ― 関数型極限定理を用いた証明, 2007年12月. [2] 確率論シンポジウム(於東工大), Riemann zeta 過程に関する関数型極限定理の一般化, 2008年12月. [3] 確率論シンポジウム(於東工大), 福山-高橋の間隙条件の最良性を示す反例がみたす極限定理, 2008年12月.(2008)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「整数論における密度定理と確率論における極限定理-大数の法則、中心極限定理」(2001-2003) 代表者
○基盤研究(C)「オイラー定数のランダム化,そのときに現われる極限定理」(2007-2009) 代表者
○基盤研究(C)「オイラー定数をランダム化する際に現われる関数型極限定理」(2008-2011) 代表者
○基盤研究(B)「くいちがい函数が解明する確率論的乱数論の新領域」(2009-) 分担者
○基盤研究(C)「局所時間を中心とした多次元ブラウン運動の汎関数の研究」(2005-) 分担者
○基盤研究(C)「Bohr-Jessen過程の収束とSelbergの中心極限定理」(2011-2014) 代表者
○基盤研究(C)「$k$乗因数をもたない整数の分布―極限定理はあるか?」(2012-2015) 代表者

学域・学類担当授業科目

○大学・社会生活論(2016)
○数学的発想法(2016)
○解析学2C(2016)
○解析学4A(2016)
○数理統計(2016)
○解析学4B(2016)
○数理統計(2015)
○解析学4A(2015)
○解析学4B(2015)
○数物科学最前線(2015)
○解析学2C(2015)
○線形代数学第二(2015)
○解析学4A(2014)
○解析学4B(2014)
○解析学2C(2014)
○数理統計(2014)

大学院担当授業科目

○課題研究A平成29年度入学生用(2017)
○ゼミナールA平成29年度入学生用(2017)
○演習A平成29年度入学生用(2017)
○確率解析学(2017)
○確率解析学(2017)
○確率解析学(2017)
○確率解析学(2017)
○確率解析学(2016)
○演習A平成28年度入学生用(2016)
○ゼミナールA平成28年度入学生用(2016)
○課題研究A平成28年度入学生用(2016)
○国際研究インターンシップ(2016)
○解析学Ⅱb(2016)
○国際研究インターンシップ(2016)
○解析学Ⅱa(2016)
○課題研究A平成27年度入学生用(2015)
○演習A平成27年度入学生用(2015)
○ゼミナールA平成27年度入学生用(2015)
○国際研究インターンシップ(2015)
○国際研究インターンシップ(2015)
○解析学Ⅱ(2015)
○確率解析学(2015)
○数理科学概論(2015)
○数理科学概論(2014)
○確率解析学(2014)
○無限次元確率解析学(2014)
○確率漸近理論(2014)
○演習A平成26年度入学生用(2014)
○ゼミナールA平成26年度入学生用(2014)
○解析学Ⅱ(2014)
○課題研究A平成26年度入学生用(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ