本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

山口 正晃 (やまぐち まさあき) 教授 YAMAGUCHI, Masaaki

メール

所属組織・役職等

理工研究域 自然システム学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 自然システム学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 生命科学専攻

所属研究室等

進化発生学 TEL:076-264-6233 FAX:076-264-6236

学歴

【出身大学院】
東京大学 博士課程 理学系研究科 動物学 1985
【出身大学】
東京大学 理学部 動物学 1980
【取得学位】
理学博士

職歴

生年月

1955年07月

所属学会

日本動物学会 中部支部石川県地区委員(2016-2017)
日本発生生物学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○日本動物学会論文賞(1988/10/09)

専門分野

発生生物学、進化生物学

専門分野キーワード

棘皮動物、発生生物学、進化発生学

研究課題

ウニ卵の動物-植物極性

ウニ卵の動物-植物極性 ウニ卵は均一な球形に見えますが、動物-植物軸にそって分極しています。16細胞期胚の植物極につくられる小割球は自律的に骨片形成細胞へと分化するだけでなく、隣接する細胞へ誘導シグナルを放出します。小割球のオーガナイザー活性は1930年代に明らかにされましたが、その分子実体は長い間不明でした。1980年代から動物発生を制御する遺伝子がめざましいスピードで同定され、今世紀に入って、それらの遺伝子の機能的相互作用関係を遺伝子調節ネットワークとして体系化する試みがはじまりました。本研究は小割球特異化を調節するネットワークを明らかにすることを目的としています。

棘皮動物の進化

棘皮動物の進化 棘皮動物は、左右相称動物に属していますが、その体制は例外的に五放射相称です。この左右相称から五放射相称へのボディープランの進化について激しく議論されてきましたが、未だに答えはでていません。左右相称動物の前後(頭尾)軸にそったパターン化はHox遺伝子クラスターによって調節されています。2006年のウニゲノム解読から、ウニのHox遺伝子クラスター内で転座と逆位が生じていることが明らかになりました。本研究はウニ幼生におけるHox遺伝子の発現・機能解析から、棘皮動物がどのような道筋で左右相称から五放射相称へと進化したかを明らかにすることを目的としています。

著書

  • The Hox genes of the direct-type developing sea urchin Peronella japonica 2000
  • Primary structures of bromophenylalanine-containing sperm-activating peptides 1991
  • Effects of cations on sea urchin sperm metabolisms activated by sperm activating peptide I 1991
  • Further structural study of sperm-activating peptides isolated from the egg jelly of sea urchins, Tripneustes gratilla, Psuedoboletia maculata, Hetrocentrotus mammillatus and Clypeaster japonicus, using fastatom bonberdment mass sperctrometry 1991
  • Species specificity of the egg jelly molecule, a fucose sulfate glycoconjugate, in induction of the acrosome reaction of sea urchin spermatozoa 1991

全て表示

  • A PCR survey of Hox genes in the starked crinoid Metracrinus rotundus. 2004

論文

  • Polysaccharides sulfated at the time of gastrulation in embryos of the sea urchin Clypeaster japonicus. Yamaguchi, M. and Kinoshita, S. Exp. Cell Res. 59巻 353-365頁 1985 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of the sulfated polysaccharide synthesis in thiocyanate-treated embryos of the sea urchin Clypeaster japonicus. Yamaguchi, M. and Kinoshita, S. Zool. Sci. 3巻 719-721頁 1986 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Species specific respiratory stimulation of sea urchin (Clypeaster japonicus) spermatozoa. Suzuki, N. and Yamaguchi, M. Zool. Sci. 3巻 801-806頁 1986 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Speract binds exclusively to sperm tails and causes an electrophoretic mobility shift in a major sperm protein of sea urchin. Suzuki, N., Kurita, M., Yoshino, K., and Yamaguchi, M. Zool. Sci. 4巻 641-648頁 1987 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Purification and structure of mosact and its derivatives from the egg jelly of the sea urchin Clypeaster japonicus. Suzuki, N., Kurita, M., Yoshino, K., Kajiura, H., Nomura, K., and Yamaguchi, M. Zool. Sci. 4巻 649-657頁 1987 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • The participation of speract in the acrosome reaction of Hemicentrotus pulcherrimus. Yamaguchi, M., Niwa, T., Kurita, M., and Suzuki, N. Devolop. Growth and Differ. 30巻 159-167頁 1988 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Some more speract derivatives associated with eggs of sea urchins, Pseudocentrotus depressus, Strongylocentrotus purpuratus, Hemicentrotus pulcherrimus and Anthocidaris crassispina. Suzuki, N., Kajiura, H., Nomura, K., Garbers, D.L., Yoshino, K., Kurita, M., Tanaka, H., and Yamaguchi, M. Comp. Biochem. Physiol. 89C巻 687-693頁 1988 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A novel group of sperm activating peptides of the sea urchin Glyptocidaris crenularis. Suzuki, N., Yoshino, K., Kurita, M., Nomura, K., and Yamaguchi, M. Comp. Biochem. Physiol. 90C巻 305-311頁 1988 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dermatan sulfate formed in gastrula-stage embryos of the sea urchin Clypeaster japonicus. Yamaguchi, M., Kinoshita, S., and Suzuki, N. J. Biochem. 106巻 158-162頁 1989 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Induction of the acrosome reaction of Hemicentrotus pulcherrimus spermatozoa by the egg jelly molecules, fucose-rich glycoconjugate and sperm-activating peptide I. Yamaguchi, M., Kurita, M., and Suzuki, N. Develop. Growth and Differ. 31巻 233-239頁 1989 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A halogenated amino acid-containing sperm activating peptide and its related peptides isolated from the egg jelly of sea urchins, Tripneustes gratilla, Pseudoboletia maculata, Strongylocentrotus nudus, Echinometra mathaei and Hetrocentrotus mammillatus. Yoshino, K., Kajiura, H., Nomura, K., Takao, T., Shimonishi, Y., Kurita, M., Yamaguchi, M., and Suzuki, N. Comp. Biochem. Physiol. 94B巻 739-751頁 1989 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A species-specific sperm-activating peptide from the egg jelly of the sea urchin Diadema setosum. Yoshino, K., Kurita, M., Yamaguchi, M., Nomura, K., Takao, T., Shimonishi, Y., and Suzuki, N. Comp. Biochem. Physiol. 95B巻 423-429頁 1990 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Derivatives of sperm-activating peptide III (SAP-III) associated with eggs of sand dollarClypeaster japonicus and Astriclypeus manni. Yoshino, K., Takao, T., Yamaguchi, M., Shimonishi, Y., and Suzuki, N. Comp. Biochem. Physiol. 97B巻 679-68頁 1990 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Purification and characterization of the egg jelly macromolecules, sialoglycoprotein and fucose sulfate glycoconjugate, of the sea urchin Hemicentrotus pulcherrimus. Shimizu, T., Kinoh, H., Yamaguchi, M., and Suzuki, N. Develop. Growth and Differ. 32巻 473-487頁 1990 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The primary structure of the rat guanylyl cyclase A/atrial natriuretic peptide receptor gene. Yamaguchi, M., Rutledge, L.J., and Garbers, D.L. J Biol Chem 265巻 20414-20420頁 1990 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The specificity of sea urchin hatching enzyme (envelysin) places it in the mammalian metalloprotease family Nomura, K., Tanaka, H., Kikkawa, Y., Yamaguchi, M., and Suzuki, N. Biochemistry 30巻 6115-6123頁 1991 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of a novel amino acid, o-bromo-L-phenylalanine, in egg-associated peptides that activate spermatozoa 30巻 6203-6209頁 1991 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Receptors for sperm-activating peptides, SAP-I and SAP-IIB, on spermatozoa of sea urchins, Hemicentrotus pulcherrimus and Glyptocidaris crenularis. Harumi, T., Yamaguchi, M., and Suzuki, N. Dev Growth Differ 33巻 67-73頁 1991 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fractioantion of micromeres, mesomeres, and macromeres of 16-cell stage sea urchin embryos by elutriation. Yamaguchi, M., Kinoshita, T., and Ohba, Y. Dev Growth Differ 36巻 381-387頁 1994 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transcripts containing the sea urchin retroposon family 1 (SURF1) in embryos of the sea urchin Anthocidaris crassispina 14巻 10号 947-952頁 1997 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hox genes of the direct-type developing sea urchin Peronella japonica Hano, Y., Hayashi, A., Yamaguchi, S., and Yamaguchi, M. Zoological Science 18巻 353-359頁 2001/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transient activation of the micro1 homeobox gene family in the sea urchin (Hemicentrotus pulcherrimus) micromere Kitamura, K., Nishimura, Y., Kubotera, N., Higuchi, Y., Yamaguchi, M. Development Genes & Evolution 212巻 1-10頁 2002/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The development of the enteropneust hemichordate Balanoglossus misakiensis. M. Urata, M. Yamaguchi ZOOLOGICAL SCIENCE 21巻 533-540頁 2004 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structure, regulation, and function of the micro1 in the sea urchin Hemicentrotus pulcherrimus Nishimura, Y., Sato, T., Morita, Y., Yamazaki, A., Akasaka, K., Yamaguchi, M. 214巻 526-536頁 2004 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The micro1 gene is necessary and sufficient for micromere differentiation and mid/hindgut-inducing activity of the sea urchin embryo 215巻 1号 450-459頁 2005 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression patterns of Hox genes in larvae of the sea lily Metacrinus rotundus 216巻 1号 797-809頁 2006 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Kruppel-like is required for nonskeletogenic mesoderm specification in the sea urchin embryo 314巻 2号 433-442頁 2008/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression Patterns of three Par-related genes in sea urchin embryos Gene Expression Patterns 8巻 5号 323-330頁 2008/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structure-function correlation of micro1 for micromere specification in sea urchin embryos 126巻 611-623頁 2009/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Hox8 of the hemichordate Balanoglossus misakiensis in press頁 2009/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evolutionary modification of T-brain (tbr) expression patterns in sand dollar GENE EXPRESSION PATTERNS 9巻 7号 468-474頁 2009/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Conserved early expression patterns of micromere specification genes in two echinoid species belonging to the order Clypeasteroida and Echinoida. Developmental Dynamics 239巻 3391-3403頁 2010/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Unusual coelom formation in the direct-type developing sand dollar Peronella japonica 土本純、山田敏弘、山口正晃 240巻 11号 2432-2439頁 2011/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The extracellular-matrix retaining cyanobacterium Nostoc verrucosum accumulates trehalose but is sensitive to desiccation. 77巻 385-394頁 2011/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Par6 regulates skeletogenesis and gut differentiation in sea urchin larvae. 222巻 5号 269–378頁 2012/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 1.日本動物学会第78回弘前大会 山嵜敦子、山口正晃 「ウニ小割球特異化におけるmicro1の構造と機能の相関」(ポスター発表) 2.日本動物学会第78回弘前大会 土本純、山口正晃 「直接発生ヨツアナカシパン幼生におけるHox遺伝子の発現解析」(ポスター発表) 3.日本動物学会第78回弘前大会 高橋直之、雨宮昭南、山口正晃 「micro1相同遺伝子の探索:バフンウニ胚におけるanf (Hesx1)の機能解析」(ポスター発表)(2007)
  • 1.日本発生生物学会第39回広島大会 シンポジウムS4:Decoding molecular and cellular dynamics regulating early embryonic patterning Organizers: Kinya Yasui, Atsushi Suzuki Masaaki Yamaguchi “Molecular mechanisms of micromere specification and mesoderm formation in the sea urchin embryo” 2.Developmental Biology of the sea urchin XVII Marine Biological Laboratory, Woods Hole, MA, USA September 27-30, 2006 Yamazaki, A., Kawabata, R., Shiomi, K., Amemiya, S., and Yamaguchi, M. “HpKrl is required for non-skeletogenic mesoderm specification and can endow blastomeres with the organizer-like property in the sea urchin embryo” (oral presentation) 3.日本動物学会第77回松江大会 関連集会:フォーラム「発生と進化」私はこれがおもしろい! 責任者:山口正晃、美濃川拓哉(2006)
  • 1. 42nd Annual Meeting for the Japanese Society of Developmental Biologists Jun Tsuchimoto, Masaaki Yamaguchi “Expression patterns of Hox genes in the direct-type developing sea urchin Peronella japonica” (oral presentation in Satellite workshop 5: Evolution) 2. 42nd Annual Meeting for the Japanese Society of Developmental Biologists Atsuko Yamazaki, Sewon Ki, Tetsuro Kokubo, Masaaki Yamaguchi “micro1 represses target genes by two redundant means for micromere specification in the sea urchin embryo” (poster presentation) 3. 日本動物学会第80回静岡大会 土本 純、山口 正晃 「直接発生ヨツアナカシパン幼生におけるHox遺伝子の発現解析」(口頭発表) 4. 日本動物学会第80回静岡大会 山嵜 敦子, 古澤陽介, 山口 正晃 「バフンウニとハスノハカシパンにおける初期小割球特異化遺伝子の発現比較」(ポスター発表) 5. 日本動物学会第80回静岡大会 石合広樹、古澤陽介、山口 正晃 「ヨツアナカシパン小割球調節遺伝子の発現解析」(ポスター発表) 6. 日本動物学会第80回静岡大会 大山高弘、山口正晃 「バフンウニpaired homeobox 1遺伝子の発現と機能」(ポスター発表)(2009)
  • 1.The 2nd Joint Meeting of the French and Japanese Societies for Developmental Biology (Paris) Masaaki Yamaguchi, Jun Tsuchimoto “Expression patterns of Hox genes in the sand dollar Peronella japonica” 2.日本動物学会第81回東京大会 香川 弘恵、山口 正晃 「ウニ胚におけるデルマタン硫酸エピメラーゼの発現と機能」(口頭発表) 3.日本動物学会第81回東京大会 土本 純、山口 正晃 「直接発生ヨツアナカシパンの発生」(口頭発表) 4.日本動物学会第81回東京大会 大山高弘、山口正晃 「バフンウニ胚におけるpaired homeobox 1遺伝子の発現と機能」(口頭発表)(2010)
  • 1.日本動物学会第79回福岡大会 山嵜 敦子, セウォン キ, 古久保 哲朗, 山口 正晃 「ウニ小割球特異化におけるmicro1の構造と機能の相関」 2008年9月6日 2.日本動物学会第79回福岡大会 土本 純, 浦田 慎, 安井 金也, 山口 正晃 「ミサキギボシムシのHox遺伝子」 2008年9月6日 3.Developmental Biology of the sea urchin XVIII, Woods Hole, MA, USA Yamazaki, A., Sewon, K., Kokubo, T., and Yamaguchi, M. “The structure-function correlation of micro1 in micromere specification” April 23-26, 2008(2008)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「Hox遺伝子から探る棘皮動物の進化」(1998-1999) ①代表者
○萌芽研究(2002-2008)「ウニ胚発生におけるデルマタン硫酸の役割」(2008-) ①代表者
○基盤研究(B)「直接発生ウニの発生遺伝子ネットワークの進化:発生における拘束と変異の分子機構」(2008-) ①代表者
○萌芽研究(2002-2008)「Kruppelに仲介されるウニ小割球シグナルの同定」(2007-) ①代表者
○基盤研究(B)「直接発生ヨツアナカシパンの小割球決定因子と遺伝子ネットワークの解明」(2007-) ①代表者
○基盤研究(B)「直接発生ヨツアナカシパンの小割球決定因子と遺伝子ネットワークの解明」(2006-) ①代表者
○基盤研究(C)「ウニ小割球特異化(specification)の分子機構」(2005-) ①代表者
○基盤研究(C)「ウニ小割球特異化(specification)の分子機構の解明」(2004-) ①代表者
○基盤研究(A)「動物発生における形成中心の分子的機能に関する比較発生学的総合研究」(1996-1999) ②分担者
○基盤研究(C)「ウニ16細胞期胚の割球特異的に発現する遺伝子の解析」(1995-) ①代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「ウニ卵動物極、植物極に局在するメッセージの解析」(1992-) ①代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「ウニ胚形態形成に関与する硫酸化多糖タンパク質複合体の精製」(1991-) ①代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「バフンウニ孵化酵素の産生細胞の特定」(1990-) ①代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「ウニ胚形態形成における硫酸化多糖の役割(デルマタン硫酸の生合成)」(1986-) ①代表者

学域・学類担当授業科目

○生物学実験(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○生物学実験(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○細胞・分子生物学(2017)
○発生学実験(2017)
○発生学(2017)
○生物学課題演習(2)(2017)
○生物学課題研究(1)(2017)
○生物学課題研究(2)(2017)
○生物学課題演習(1)(2017)
○生命・地球学概論(2017)
○進化発生学(2017)
○生物学課題演習(2)(2016)
○生物学課題演習(1)(2016)
○発生学実験(2016)
○生命・地球学概論(2016)
○生物学課題研究(1)(2016)
○進化発生学(2016)
○生物学課題研究(2)(2016)
○発生学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)
○細胞・分子生物学(2016)

大学院担当授業科目

○生命高次システム学A(2017)
○生命高次システム学B(2017)
○棘皮動物進化発生学(2017)
○棘皮動物進化発生学(2017)
○棘皮動物進化発生学(2017)
○棘皮動物進化発生学(2017)
○生命高次システム学A(2016)
○生命システム課題研究平成28年10月入学者用(2016)
○生命システム基礎演習(2016)
○棘皮動物進化発生学(2016)
○生命システム課題研究平成28年度入学生用(2016)
○生命高次システム学B(2016)
○リサーチスキルB生命システムコース(2016)
○生命システム基礎A(2016)
○生命システム基礎B(2016)
○リサーチスキルA生命システムコース(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ