本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

須田 貴司 (すだ たかし) 教授 SUDA Takashi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

がん進展制御研究所

教育分野

【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻
自然科学研究科 自然システム学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 がん医科学専攻
自然科学研究科 生命科学専攻

所属研究室等

免疫炎症制御研究分野

学歴

【出身大学院】
大阪大学 博士課程 医学研究科 生理系 1988
【出身大学】
埼玉大学 理学部 生化学 1982
【取得学位】
医学博士

職歴

大阪バイオサイエンス研究所 分子生物学部門 研究副部長(1995/11/01-1998/03/31)
大阪バイオサイエンス研究所 分子生物学部門 研究員(1992/04/01-1995/10/31)

生年月

1959年06月

所属学会

日本免疫学会 評議員(2003-2018)
日本癌学会
日本分子生物学会
日本Cell Death学会 評議員(2010-)
米国免疫学会
日本Cell Death学会 理事(2016-)

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

実験病理学、免疫学、病態医化学

専門分野キーワード

免疫学、アポトーシス、Fasリガンド、炎症、がん

研究課題

がん細胞のアポトーシスに関する研究

Fasリガンドによる免疫制御機構の研究

細胞死・炎症関連分子の研究

著書

  • アポトーシスがわかる(わかる実験医学シリーズ) 羊土社 2001/06 ①原著書 ②共著 田沼靖一、須田貴司ほか19名
  • 細胞の誕生と死 共立出版 2001/09 ①原著書 ②共著 山本雅、須田貴司、他11名
  • T細胞系の免疫学 第3版 中外医学社 1997/11 ①原著書 ⑤編著 藤原大美、須田貴司ほか13名
  • キーワードで理解するシグナル伝達イラストマップ 羊土社 2004/08

論文

  • Molecular cloning and expression of the Fas ligand: a novel member of the tumor necrosis factor family Suda T, Nagata Sほか2名 Cell 75巻 6号 1169-1178頁 1993/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Generalized lymphoproliferative disease in mice, caused by a point mutation in the Fas ligand Takahashi T, Suda Tほか5名 Cell 76巻 6号 969-976頁 1994/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Essential roles of the Fas ligand in the development of hepatitis. Kondo T, Suda Tほか3名 NATURE MEDICINE 3巻 4号 409-413頁 1997/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Caspase 1-independent IL-1beta release and inflammation induced by the apoptosis inducer Fas ligand Miwa, K., Suda. T.ほか4名 NATURE MEDICINE 4巻 11号 1287-1292頁 1998/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prevention of Hepatocellular Carcinoma Development Associated with Chronic Hepatitis by Anti-Fas Ligand Antibody Therapy Nakamoto Y, Suda T et al. JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE 196巻 8号 1105-1111頁 2002/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Caspase-1 induces apoptosis-associated speck-like protein containing a caspase-recruitment domain (ASC)-mediated necrosis independently of its catalytic activity 茂谷康、串山裕子、今村龍、木下健、西内巧、須田貴司 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY in press巻 2011/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lethal effect of the anti-Fas antibody in mice Ogasawara J, Suda Tほか7名 NATURE 364巻 6440号 806-809頁 1993/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fas ligand in human serum. Tanaka M, Suda Tほか11名 NATURE MEDICINE 2巻 3号 317-322頁 1996/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Membrane Fas ligand kills human peripheral blood T lymphocytes, and soluble Fas ligand blocks the killing Suda T, Nagata Sほか3名 JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE 186巻 12号 2045-2050頁 1997/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Purification and characterization of the Fas-ligand that induces apoptosis Suda T, Nagata S JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE. 179巻 3号 873-879頁 1994/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Activation of ASC induces apoptosis or necrosis depending on the cell type and causes tumor eradication Cancer Science 101巻 8号 1822-1827頁 2010/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Anti-inflammatory activity of PYNOD and its mechanism in humans and mice JOURNAL OF IMMUNOLOGY 184巻 10頁 2010/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mechanism and repertoire of ASC-mediated gene expression JOURNAL OF IMMUNOLOGY 182巻 12号 7655-7662頁 2009/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of NLRP7 (PYPAF3, NALP7)Protein in Endometrial Cancer Tissues Ohno S, Kinoshita T, Ohno Y, Minamoto T, Suzuki N, Inoue M ANTICANCER RESEARCH 28巻 4C号  2493-2497頁 2008/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mechanism of ASC-mediated apoptosis: Bid-dependent apoptosis in type II cells Hasegawa M, Suda Tほか5名 ONCOGENE 26巻 12号 1748-1756頁 2007/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • IL-17-mediated regulation of innate and acquired immune response against pulmonary Mycobacterium bovis BCG infection Umemura M, Suda Tほか9名 JOURNAL OF IMMUNOLOGY 178巻 6号 3786-3796頁 2007/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Caspase-8- and JNK-dependent AP-1 activation is required for Fas ligand-induced IL-8 production Matsumoto N, Imamura R, Suda FEBS JOURNAL 274巻 9号 2376-2384頁 2007/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Disease-associated mutations in CIAS1 induce cathepsin B-dependent rapid cell death of human THP-1 monocytic cells Fujisawa A, Suda Tほか10名 BLOOD 109巻 7号 2903-2911頁 2007/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fas-associated Factor 1 is a negative regulator of PYRIN-containing Apaf-1-like protein 1 Kinoshita T, Suda Tほか3名 INTERNATIONAL IMMUNOLOGY 18巻 12号 1701-1706頁 2006/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • General nature of the STAT3-activated anti-inflammatory response El Kasmi K C, Suda Tほか17名 JOURNAL OF IMMUNOLOGY 177巻 11号 7880-7888頁 2006/12 査読有 ①原著論文
  • Fas ligand induces cell-autonomous IL-23 production indendritic cells, a mechanism for Fas ligand-induced IL-17 production Kidoya H, Suda Tほか5名 JOURNAL OF IMMUNOLOGY 175巻 12号 8024-8031頁 2005/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • PYPAF3, a PYRIN-containing APAF-1-like protein, is a feedback regulator of caspase-1-dependent interleukin-1b secretion. Kinoshita T, Suda Tほか3名 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 280巻 23号 21720-21725頁 2005/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ASC-mediated NF-kB activation leading to IL-8 production requires caspase-8 and is inhibited by CLARP. Hasegawa M, Suda, Tほか5名 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 280巻 15号 15122-15130頁 2005/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fas ligand induces cell-autonomous NF-kB activation and IL-8 production by a mechanism distinct from that of TNF-a. Imamura R, Suda Tほか6名 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 279巻 45号 46415-46423頁 2004/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of IL-17 in Fas ligand-induced inflammation Umemura M, Suda Tほか8名 INTERNATIONAL IMMUNOLOGY 16巻 8号 1099-1108頁 2004/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • PYNOD, a novel Apaf-1/CED4-like protein is an inhibitor of ASC and caspase-1. Wang Y, Suda Tほか5名 INTERNATIONAL IMMUNOLOGY 16巻 6号 777-786頁 2004/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Different procarcinogenic potentials of lymphocyte subsets in a transgenic mouse model of chronic hepatitis B Nakamoto Y, Suda Tほか2名 CANCER RESEARCH 64巻 9号 3326-3333頁 2004/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pathogen-associated molecular patterns sensitize macrophages to Fas ligand-induced apoptosis and IL-1beta release Fukui M, Suda Tほか3名 JOURNAL OF IMMUNOLOGY 171巻 4号 1868-1874頁 2003/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genomic structure and inducible expression of the IL-22 receptor α chain in mice Tachiiri A, Suda Tほか4名 GENES AND IMMUNITY 4巻 2号 153-159頁 2003/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Toll-like receptor 2 contributes to liver injury by Salmonella infection through Fas ligand expression on NKT cells in mice Shimizu H, Suda Tほか8名 GASTROENTEROLOGY 123巻 4号 1265-1277頁 2002/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prevention and induction of autoimmune exocrinopathy is dependent on pathogenic autoantigen cleavage in murine Sjogren's syndrome Saegusa K. Suda Tほか6名 JOURNAL OF IMMUNOLOGY 169巻 2号 1050-1057頁 2002/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Requirement of Fas expression in B cells for tolerance induction Fukuyama H, Suda Tほか5名 EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY 32巻 1号 223-230頁 2002/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • In vitro prevention of cell-mediated xeno-graft rejection via the Fas/FasL-pathway in CrmA-transducted porcine kidney cells. Fujino M, Suda Tほか11名 Xenotransplantation 8巻 2号 115-124頁 2001/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The membrane-bound but not the soluble form of human Fas ligand is responsible for its inflammatory activity Shudo K, Suda Tほか6名 EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY 31巻 8号 2504-2511頁 2001/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Possible Role of Organ-Specific Autoantigen for Fas Ligand-Mediated Activation-Induced Cell Death in Murine Sjogren's Syndrome Ishimaru N, Suda Tほか4名 JOURNAL OF IMMUNOLOGY 167巻 10号 6031-6037頁 2001/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transgenic expression of Fas in T cells blocks lymphoproliferation but not autoimmune disease in MRL-lpr mice Fukuyama, H., Adachi, M., Suematsu, S., Miwa, K., Suda, T., Yoshida, N., and Nagata, S JOURNAL OF IMMUNOLOGY 160巻 8号 3805-3811頁 1998/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ASC:細胞死と炎症の接点で働くアダプター分子 実験医学 2008/12 査読無 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • NLRファミリー:細胞質の病原体センサー 炎症と免疫 15巻 5号 39-45頁 2007/08 査読無 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • Apaf-1様タンパク質:炎症と細胞死シグナルの新しい接点 細胞工学 24巻 9号 929-933頁 2005/08 査読無 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • アポトーシスの生理的・病理的意義 臨床免疫学(日本臨床 別冊) 63巻 S4号 395-400頁 2005/04 査読無 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • Fasリガンドによるアポトーシスと炎症と癌 実験医学 22巻 11号 190-195頁 2004/07 査読無 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • アポトーシスと炎症は親戚関係 実験医学 19巻 13号 198-205頁 2001/08 査読無 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • NLRP3 mediates NF-κB activation and cytokine induction in microbially induced and sterile inflammation PLoS One 10巻 e0119179頁 2015/03/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Vitamin B6 Prevents IL-1β Protein Production by Inhibiting NLRP3 Inflammasome Activation Journal of Biological Chemistry 291巻 47号 24517- 24527頁 2016/11/18 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pyroptotic cells externalize eat-me and release find-me signals and are efficiently engulfed by macrophages Wang, Q., Suda, T. 他4名 International Immunology 25巻 6号 363-372頁 2013/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pyroptotic cells externalize eat-me and release find-me signals and are efficiently engulfed by macrophages Wang, Q., Suda, T., 他4名 INTERNATIONAL IMMUNOLOGY 25巻 6号 363-372頁 2013/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Fas Ligand Has a Greater Impact than TNF-α on Apoptosis and Inflammation in Ischemic Acute Kidney Injury Furuichi, K., Suda, T., その他11名 Nephron Extra 2巻 1号 27-38頁 2012/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Roles of the PI3K/Akt pathway and autophagy in TLR3 signaling-induced apoptosis and growth arrest of human prostate cancer cells. Harashima, N., Suda T, 他4名 CANCER IMMUNOLOGY IMMUNOTHERAPY 61巻 5号 667-676頁 2012/05 査読有 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Analysis of immune responses in PYNOD deficient mice(会議名:第45回日本免疫学会学術集会)(2016/12/07)
  • Analysis of the steady-state transport of skin self-antigens in Pynod-Ccr7-double knockout mice(会議名:The 24th International Symposium on Molecular Cell Biology of Macrophages)(2016/06/04)
  • 細胞死研究の潮流(会議名:日本Cell Death学会)(2016/09/10)
  • ビタミンB6 の新しい抗炎症作用(会議名:日本Shock学会)(2016/10/06)
  • 1. Suda, T., NLRs: cytoplasmic stress sensors mediating inflammation and cell death. 第34回日本分子生物学会年会 シンポジウム,(横浜)2011年12月 2. 須田貴司:細胞死の様態を決定する新しい分子機構. 第20回日本Cell Death学会学術集会 シンポジウム,(東京)2011年7月 3. Motani, K., Kushiyama, H., Imamura, R., Kinoshita, T., and Suda, T.: Caspase-1 induces ASC-mediated necrosis independently of its catalytic activity. 13th International TNF Conference,(Awaji)May 18, 2011(2011)

全て表示

  • 1. ASC mediates apoptosis or necrosis depending on the cell type. Cold Spring Harbor Laboratory Meeting on Cell Death (Cold Spring Harbor) Oct. 2009 2. ASC;細胞死と炎症シグナル伝達の接点. 第82回日本性化学会大会、シンポジウム (神戸) 2009年10月 3. Role of NALP3 and ASC in necrotic cell death of macrophages infected with Staphylococcus aureus. 2009日本免疫学会総会・学術集会, (大阪)2009年12月 4. The role for NLRP3 in the TNF production by macrophages. 第32回日本分子生物学会年会(横浜)2009年12月 (2009)
  • 1. Activation of ASC induces apoptotic or necrotic cell death depending on the cell type and causes tumor rejection. 研究所ネットワーク国際シンポジウム,(金沢)2010年6月 2. Molecular switch for the ASC-mediated apoptosis and necrosis. 14th International Congress of Immunology, Kobe, Aug, 2010 3. Anti-inflammatory activity of PYNOD and its mechanism in humans and mice. 14th International Congress of Immunology, Kobe, Aug, 2010 4. Toll-like receptor 3-ligand induced apoptotic and autophagic cell death and growth arrest in human prostate cancer cells. 14th International Congress of Immunology, Kobe, Aug, 2010 5. The role for NLRP3 in the IL-1b secretion by tumor cells. 第69回日本癌学会学術総会,(大阪)2010年9月 6. 細胞死と炎症シグナルのクロストーク. 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会 ワークショップ,(神戸)2010年12月 (2010)
  • 1. Apoptosis-associated speck-like protein containing a CARD (ASC)を標的としたがん治療モデルの検討. 第16回日本アポトーシス研究会学術集会、(津田沼)2007年8月 2. Activation of ASC induces tumor regression. 第66回日本癌学会学術総会English Workshop、(横浜)2007年10月 3. NLRファミリー:新しいアポトーシスと炎症の接点. 沖縄感染免疫シンポジウム2007 (琉球大学) 2007年11月 4. Molecular mechanism and repertoire of ASC-induced gene expression. 2007日本免疫学会総会・学術集会, (東京)2007年11月 5. Flagellin刺激下のヒトマクロファージ様細胞株におけるASC非依存的なinterleukin-1b分泌. 第30回日本分子生物学会年会、(横浜)2007年12月 (2007)
  • 1. Apoptosis, inflammation and cancer; from a point of view of Fas ligand. The Joint Symposium of the IVR 50th Anniversary Symposium and the 2nd International Symposium of Institutes Network “Revisiting Life Science from Half Century of Virus Research” (Kyoto) May, 2006 2. PYNOD, a novel Apaf-1/CED4-like protein is an inhibitor of ASC and caspase-1. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress (Kyoto) June, 2006 3. ASC mediates Bid-dependent apoptosis in type II cells. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress (Kyoto) June, 2006 4. PYPAF3, a PYRIN-containing Apaf-1-like protein, is a feedback regulator of caspase-1-dependent interleukin-1 beta secretion, 46th annual meeting of the American Society for Cell Biology, (San Diego) December, 2006 5. Anti-inflammatory subfamily of Apaf-1 like proteins., 第36回日本免疫学会総会・学術集会 シンポジウム (大阪) 2006年12月 (2006)
  • 1. ASC mediates Bid-dependent apoptosis in type II cells. Cold Spring Harbor Meeting, Programmed Cell Death. Cold Spring Harbor, NY, Sep. 21-25, 2005 2. ASCを介するアポトーシスの分子機構. 第14回日本アポトーシス研究会学術集会、(倉敷)2005年7月 3. Fasリガンドによるアポトーシスと炎症とがん. 平成17年度生理学研究所研究会「細胞死の新たな生理機能と病態における意義」(岡崎)2005年10月 4. Fasリガンド誘導IL-8産生に寄与するAP-1活性化の分子機構. 第28回日本分子生物学会年会(福岡)2005年12月 5. Fas-associated factor 1はPYPAF1によるNF-B活性化を抑制する. 第28回日本分子生物学会年会(福岡)2005年12月 6. Mechanism of ASC-mediated apoptosis: Bid-dependent apoptosis in type II cells. 第35回日本免疫学会総会・学術集会(横浜)2005年12月 7. Fasリガンド刺激によるIL-8産生の分子機構. 第35回日本免疫学会総会・学術集会(横浜)2005年12月 (2005)
  • 1. Mechanism and repertoire of ASC-mediated gene expression. Keystone Symposia Innate Immunity: Signaling Mechanisms. (Keystone, Colorado) Feb. 2008 2. NLRファミリー:新しいアポトーシスと炎症の接点. 第29回日本炎症・再生医学会、シンポジウム(東京)2008年7月 3. ASC mediates apoptotic or necrotic cell death depending on the cell type. 第67回日本癌学会学術総会、(名古屋)2008年10月 4. Anti-inflammatory role of PYNOD in mice. 2008日本免疫学会総会・学術集会, (京都)2008年12月 5. マウスNLRP2による炎症制御機構. 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会(神戸)2008年12月 (2008)

芸術・フィールドワーク

特許

○予防・治療剤(出願国名:日本)(特許番号:04339405)
○Fasリガンドおよびその一部、およびそれをコードするDNA(公開年月:2005/09)(出願国名:日本)(特許番号:3716936)

共同研究希望テーマ

○Fas.Fasリガンドを標的とした治療薬・治療法の開発
○抗Fasリガンド抗体を用いた研究
○NLRファミリーの機能の研究とリガンドの探索

科研費

○基盤研究(B)「炎症抑制型NLR蛋白PYNODの生理的・病理的役割の解明」(2011-2013) ①代表者
○特定領域研究「ASCを標的とした癌治療法の開発」(2008-2009) ①代表者
○特定領域研究「ASC依存性AP-1活性化機構の解明とASCのがん分子標的としての可能性の検討」(2006-2007) ①代表者
○特定領域研究「ASC依存性アポトーシスの分子機構とPYNODの抑制効果の検討」(2005-) ①代表者
○特定領域研究(C)(2000-2001)「アポトーシス制御にかかわる新規蛋白質の探査」(2001-) ①代表者
○特定領域研究(C)(2000-2001)「アポトーシス制御にかかわるミトコンドリア関連蛋白質の探査」(2000-) ①代表者
○特定領域研究(A)(1998-2001)「Fasリガントの炎症誘導作用の分子機構の解析」(1999-) ①代表者
○基盤研究(B)「Fasリガントの生理的、病理的役割の解析」(1999-) ①代表者
○基盤研究(B)「Fasリガンドの生理的,病理的役割の解析」(1998-) ①代表者
○特定領域研究(A)(1998-2001)「がん細胞が発現するFasリガンドの意義」(1998-) ①代表者

学域・学類担当授業科目

○基礎免疫(2015)
○基礎免疫(2014)

大学院担当授業科目

○がん分子病理学2(2017)
○がん分子病理学2(2017)
○生体防御機構学特論(2017)
○生体防御機構学特論(2017)
○分子腫瘍学(2017)
○がん分子病理学2(2017)
○生体防御機構学特論(2017)
○がん進展制御学2B(2017)
○がん進展制御学2A(2017)
○がん分子病理学2(2017)
○メディカルサイエンスセミナー(2016)
○生体防御機構学特論(2016)
○がん進展制御学2B(2016)
○生体防御機構学特論(2016)
○生体防御機構学特論(2016)
○分子腫瘍学(2016)
○がん分子病理学2(2016)
○がん進展制御学2A(2016)
○がん進展制御学2(2015)
○生体防御機構学特論(2015)
○分子腫瘍学(2015)
○がん分子病理学2(2015)
○がん分子病理学2(2014)
○分子標的薬剤学(2014)
○プログラム細胞死制御学(2014)
○分子腫瘍学(2014)
○生体防御機構学特論(2014)
○がん進展制御学2(2014)
○生体機能制御学(2014)

他大学の客員教授

○信州大学
○徳島大学
○鳥取大学

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○富山県薬事研究所評価委員会評価委員(2010/04/01-2019/03/31)
○科学研究費委員会専門委員(2015/12/01-2016/11/30)
○科学研究費委員会専門委員(2014/12/01-2015/11/30)

講演可能なテーマ

○Fasリガンドによる細胞死とその生理的・病理的意義(キーワード:Fasリガンド,細胞死,免疫)
○細胞の自殺=アポトーシス(キーワード:細胞死,ガン)

その他公的社会活動

このページの先頭へ