本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年06月08日

牧 輝弥 (まき てるや) 准教授 MAKI Teruya

メール

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系
准教授

教育分野

【学士課程】
理工学域 物質化学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 物質科学専攻

所属研究室等

分析・環境化学 TEL:076-234-4793 FAX:076-234-4800

学歴

【出身大学】
京都大学 農学部 水産学科 1996/03 卒業
【取得学位】
博士(農学)

職歴

生物系特定産業推進機構 派遣研究員(2001/04/01-2002/03/31)

生年月

1973年06月

所属学会

レーザレーダ研究会 第29回レーザレーダシンポジウム 実行委員会 庶務幹事(2010-2011)
日本分析化学会 日本分析化学会第61回 実行委員(2011-2012)
日本分析化学会 2008年度中部支部幹事(2008-2009)
日本化学会

学内委員会委員等

○モノづくりプロジェクト委員 委員(2012-2013)
○図書委員 委員(2012-2013)

受賞学術賞

○環境科学振興財団研究助成(2001/10/01)
○財団法人ソルト・サイエンス研究財団 平成16年度研究助成(2004/04/01)
○平成17年度日産学術研究助成 特定領域基礎研究助成(2005/04/01)
○財団法人ソルト・サイエンス研究財団 平成18年度研究助成(2006/04/01)
○平成18年度?平成19年度 日産学術研究助成 特定領域基礎研究助成 延長(2006/04/01)
○優秀賞(2008/06/12)
○日本分析化学会 中部支部奨励賞 受賞(2006/08/20)

専門分野

環境影響評価

専門分野キーワード

ヒ素、バイオエアロゾル、微生物生態

研究課題

海洋植物プランクトンの消長と化学物質の関わり合いの解明とその赤潮防除技術への活用

海洋植物プランクトンの消長と化学物質の関わり合いの解明とその赤潮防除技術への活用 大気エアロゾルは、海洋微生物の栄養塩および必須元素の供給源となり、一次生産者(炭素固定生物)である植物プランクトンの増殖が促される。一方、過酸化水素などの酸化還元剤は、植物プランクトンの増殖を抑制し、海洋の微生物生態の動態を変える。本研究では、生理学的実験を併用した海洋調査を実施することで、エアロゾルや酸化還元物質が及ぼす海洋微生物生態系への影響を解明しつつある。こうした知見を利用する事によって、地球温暖化防止技術の開発や赤潮防除技術の確立につなげる事ができる。

水圏のヒ素循環における微生物生態系の役割の解明とその境浄化への応用

水圏のヒ素循環における微生物生態系の役割の解明とその境浄化への応用 水圏環境におけるヒ素循環に変化が生じると,ヒ素は飲料水へと混入し,多くの人々をヒ素中毒への貶め、社会問題を引き起こす。バングラディシュでは河川を経由したヒ素が,日本及び中国では化学兵器工場跡に残存したフェニルヒ素が土中から飲料水へと溶けだし,国際問題にも発展している。ヒ素中毒者数の軽減のためにも、水圏におけるヒ素循環の解明は緊急の必須課題である。しかし、有機ヒ素が無機化されるプロセスについての知見は乏しい。本研究では,水圏環境において有機ヒ素分解に係わる細菌種の変動をモニタリングするとともに、有機ヒ素分解に強くかかわる微生物群の生理生態を解明しつつある。

黄砂バイオエアロゾルによって長距離輸送される微生物群の多様性の解明

黄砂バイオエアロゾルによって長距離輸送される微生物群の多様性の解明 黄砂は、中国大陸において自由対流圏にまで舞い上がり、偏西風にのって日本まで飛来する。近年、黄砂の健康影響には、黄砂粒子以外にも黄砂と挙動をともにする生物粒子(黄砂バイオエアオロゾル)が関与している可能性が示唆されつつある。しかし、黄砂バイオエアオロゾルに関する研究例は極めて乏しい。本研究では、中国大陸から日本へと飛来する細菌群を明らかにするため、黄砂発生源である中国および特に黄砂が飛来しやすい北陸地方でエアロゾル(大気粒子)を捕集し、生理学的手法と分子生物学的手法を用いて黄砂バイオエアオロゾルの生理特性(病原性、環境中での役割)と種組成を解析しつつある。

著書

  • 低温環境の科学事典 朝倉書籍 2016/07 原著書 共著 牧輝弥 978-4-254-16128-1
  • 植物によるヒ素汚染の浄化 学進出版 未来をつくるバイオ 酒づくりから再生医療まで60話 2007/06 原著書 共著 増井昭彦・永瀬裕康・牧輝弥 他 

論文

  • Effects of harmful dinoflagellate Heterocapsa circularisquama cells on the growth of intracellular bacteria Teruya Maki, Ichiro Imai Microbes and Environments 16巻 4号 234-239頁 2001/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Heterocapsa circularisquamaと海洋細菌の関係 今井一郎, 中桐 栄, 牧 輝弥 日本プランクトン学会報 46巻 2号 172-177頁 1999/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Relationships between intracellular bacteria and the bivalve killer dinoflagellate Heterocapsa circularisquama (Dinophyceae) Teruya Maki, Ichiro Imai Fisheries science, 67巻 794-803頁 2001/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Determination of minor and trace elements in biogenic carbonate minerals of coccolitho-phores by high-resolution inductively coupled plasma mass spectrometry. Hasegawa H., 3名, Maki T. 他1名 BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN 17巻 209-211頁 2002/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Classification for Dimethylarsenate-decomposing Bacteria Using Restrict Fragment Length Polymorphism Analysis of 16S rRNA Genes. Maki T.他3名 ANALYTICAL SCIENCES 20巻 61-68頁 2004/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Seasonal dynamics of dimethylarsenic acid degrading bacteria dominated in Lake Kibagata. GEOMICROBIOLOGY JOURNAL 2006/11 原著論文
  • Isolation of monomethylarsonic acid (MMAA)-mineralizing bacteria from arsenic contaminated soils of Island Ohkunoshima APPLIED ORGANOMETALLIC CHEMISTRY 2006/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bacterial degradation of antibiotic residues in a marine fish farm sediment of Uranouchi Bay and phylogenetic analysis of the antibiotic-degrading bacteria using 16S rDNA sequences FISHERIES SCIENCE 2005/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Determination of Cu, Pb, Fe, and Zn in polymer fractions of a hyperaccumulating plant ANALYTICAL SCIENCES 2005/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Seasonal dynamics of dimethylarsinic acid (DMAA) decomposing bacteria dominated in Lake Kahokugata 長谷川浩, 高橋真, 牧輝弥, 上田一正 APPLIED ORGANOMETALLIC CHEMISTRY 2005/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phylogenetic analysis of intracellular bacteria of a harmful marine microalga Heterocapsa circularisquama (Dinophyceae). AQUATIC MICROBIAL ECOLOGY 36巻 123-135頁 2004/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Detection of iron(III)-binding ligands originating from marine phytoplankton using cathodic stripping voltammetry ANALYTICAL SCIENCES 20巻 12号 89-93頁 2004/12 査読有 原著論文
  • Seasonal dynamics of bacterial population degrading dimethylarsenic acid in Lake Kahokugata 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phylogenetic diversity and vertical distribution of a halobacterial community in the atmosphere of an Asian dust (KOSA) source region, Dunhuang City 2008 原著論文
  • Influence of EDTA and chemical species on arsenic accumulation in Spirodela polyrhiza L. (duckweed) 2008 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ecophysiological analysis of halobacteria in bioaerosol 13 309-313頁 2008 原著論文
  • Nanometer-sized alumina coated with chromotopic acid as solid phase metal extractant from environmental samples and determination by inductively coupled plasma atomic emission spectrometry 86 124-130頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Adsorption of inorganic and organic arsenic from aqueous solutions by polymeric Al/Fe modified montmorillonite 56(1) 90-100頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Adsorption of platinum (IV), palladium (II) and gold (III) from aqueous solution onto L-lysine modified crosslinked chitosan resin 46巻 39-50頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 赤潮原因藻の増殖を抑制する鉄キレート剤の探索とその生理生態への影響、「閉鎖性海域の汚濁の現状と今後の課題」 日本海水学会誌 60 243-252頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Influence of aggregated particles on biodegradation activities for dimethylarsinic acid (DMA) in Lake Kahokugata T. Maki, W. Hirota, H. Motojima, H. Hasegawa, M. A. Rahman, Chemosphere 83 (2011) 1486–1492. 2011 査読有 原著論文
  • NaCl-amendment assay targeting airborne bacteria in tropospheric bioaerosols transported by westerly wind over Noto Peninsula ansported by westerly wind over Noto Peninsula Teruya Maki, Fumihisa Kobayashi, Maromu Yamada, Hiroshi Hasegawa, Yasunobu Iwasaka,  Aerobiologia  29巻 3号 341-354頁 2013/01 査読有 原著論文
  • Hiroshi Hasegawa, M. Azizur Rahman, Nguyen Trong Luan, Teruya Maki, Nozumu Iwasaki, Trace elements in Corallium spp. as indicators for origin and habitat, Journal of Experimental Marine Biology and Ecology 414-415 (2012) 1–5
  • 立山積雪層に保存される黄砂バイオエアロゾルの集積培養と系統分類学的解析 牧 輝弥,青木一真,小林史尚,柿川真紀子,松木篤,木野恵太,長谷川浩,岩坂泰信 エアロゾル研究 26巻 4号 332-340頁 2011/12
  • ka, Assessment of composition and origin of airborne bacteria in the free troposphere over Japan Teruya Maki, Makiko Kakikawa, Fumihisa Kobayashi, Maromu Yamada, Atsushi Matsuki, Hiroshi Hasegawa, Yasunobu Iwasa Atmospheric Environment 74巻 73-82頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Seasonal dynamics of bacterial population degrading dimethylarsenic acid in Lake Kahokugata.  W. Hirota, T. Maki, K. Ueda, T. Shimada, H. Hasegawa, and K. Ueda,  Jouranal of Ecotechnology Research 14 195-200 2009 2009/10 査読有 原著論文
  • Dustborne microorganisms in the atmosphere over Asian dust (KOSA) source region, Dunhuang M. Kakikawa, F. Kobayashi, T. Maki, M. Yamada, T. Higashi, B. Chen, G. Shi, C. Hong, Y. Tobo, Y. Iwasaka, Air Quality, Atmosphere and Health 1(4), 195-202 2009  2009/01 査読有 原著論文
  • Seasonal changes in DMAA-degradation activities in Lake Kahokugata W. Hirota, T. Maki, T. Kakimoto, H. Hasegawa, and K. Ueda,  Jouranal of Ecotechnology Research 14(4), 223-226 (2009) 2009/04 査読有 原著論文
  • Mixture of Kosa (Asian dust) and bioaerosols detected in the atmosphere over the Kosa particles source regions with balloon-borne measurements: possibility of long-range transport Y. Iwasaka, G-Y. Shi, M. Yamada, F. Kobayashi, M. Kakikawa, T. Maki, T. Naganuma, B. Chen, Y. Tobo, C. Hong Air Quality, Atmosphere and Health, 2(1), 29-38 (2009) 2009/02 査読有
  • Phylogenetic diversity and vertical distribution of a halobacterial community in the atmosphere of an Asian dust (KOSA) arrival region, Suzu City. T. Maki, S. Susuki, F. Kobayashi, M. Kakikawa, M. Yamada, T. Higashi, A. Matsuki, C. Hong, Y. Tobo, H. Hasegawa, K. Ueda, Y. Iwasaka,  Jouranal of Ecotechnology Research 14(4), 255-259 (2009) 2009/04 査読有 原著論文
  • Hydroxyiminodisuccinic acid (HIDS): A Novel Biodegradable Chelating Ligand for the Increase of iron bioavailability and arsenic phytoextracti,  M.A. Rahman, H. Hasegawa, K. Kadohashi, T. Maki, K. Ueda, Chemosphere 77(2) 2009 207-213 2009/07 査読有
  • Effect of eutrophication on the distribution of arsenic species in eutrophic and mesotrophic lakes. H. Hasegawa, M. Azizur Rahman, T. Matsuda, T. Kitahara, T. Maki, K. Ueda (2009) Science of the Total Environment, 407, 1418-1425. 2009/04 査読有 原著論文
  • Seasonal dynamics of biodegradation activities for dimethylarsinic acid (DMA) in Lake Kahokugata T. Maki, W. Hirota, K. Ueda, H. Hasegawa, M.A. Rahman, Chemosphere 77(1) 2009 36-42 2009/01 査読有 原著論文
  • Seasonal changes of arsenic speciation in lake waters in relation to eutrophication
.  H. Hasegawa, M. Azizur Rahman, K. Kitahara, Y. Itaya, T. Maki and K. Ueda, Sci. Total Environ., 408, 1684-1690 (2010) 2010/03 査読有 原著論文
  • Non-destructive separation of metal ions from wastewater containing excess aminopolycarboxylate chelant in solution with an ion-selective immobilized macrosyclic material. H. Hasegawa, Ismail M.M. Rahman, S. Kinoshita, T. Maki and Y. Furusho,  Chemosphere 79 193-198 (2010) 2010/07 査読有 原著論文
  • 黄砂バイオエアロゾルに含まれる耐塩細菌群の種組成解析 Phylogenetic analysis of halotolerant bacterial species in Kosa bioaerosols 牧輝弥,小林史尚,柿川真紀子,鈴木振二,當房豊,山田丸,松木篤,洪天祥,長谷川浩,岩坂泰信, エアロゾル研究 25巻1号35-42 (2010年3月20日発行) 2010/03 査読有 原著論文
  • 能登半島珠洲市上空における黄砂バイオエアロゾルの直接採集および分離培養・同定, Direct sampling, separated culture, and identifications of KOSA bioaerosols over Noto Peninsula, Suzu city. 小林史尚,小谷口久美子,柿川真紀子,牧輝弥,山田丸,當房豊,洪天祥,松木篤,岩坂泰信 エアロゾル研究 25巻1号 23-28(2010年3月20日発行) 2010/03 査読有
  • バイオエアロゾルのメタゲノム解析,Molecular identification of microorganisms in bioaerosols 柿川真紀子,岩坂泰信,小林史尚,牧輝弥, エアロゾル研究 25巻1号29-34(2010年3月20日発行) 2010/03 査読有 原著論文
  • PCR-DGGE analysis of Asian dust (KOSA) bioaerosol recorded in snow cover at Mount Tateyama, Central Japan T. Maki, K. Aoki, S. Susuki, F. Kobayashi, M. Kakikawa, Y. Tobo, A. Matsuki, H. Hasegawa, Y. Iwasaka,  Jouranal of Ecotechnology Research (2010) 15(3-4) 97-101 2010/04 査読有 原著論文
  • PCR-DGGE analytical technique of bacterial community in the Lake Kahokugata water spiked with dimetylarsenic acid. T. Maki, K. Ueda, W. Hirota, H. Motozima, F. Kobayashi, H. Hasegawa, M.A. Rahman,  Jouranal of Ecotechnology Research (2010) 15(3-4) 91-95 2010/03 査読有 原著論文
  • Phylogenetic analysis of atmospheric halotolerant bacterial communities at high altitude in an Asian dust (KOSA) arrival region, Suzu City, Science of the Total Environment (2010) 408, 4556-4562. doi:10.1016/j.scitotenv.2010.04.002 T. Maki, S. Susuki, F. Kobayashi, M. Kakikawa, Y. Tobo, M. Yamada, T. Higashi, A. Matsuki, C. Hong, H. Hasegawa, Y. Iwasaka,  Total Environment (2010) 408, 4556-4562. doi:10.1016/j.scitotenv.2010.04.002 2010/08 査読有 原著論文
  • Transport of DMAA and MMAA into rice (Oryza sativa L.) roots,  M. A. Rahman, K. Kadohashi, T. Maki, H. Hasegawa,  Environmental and Experimental Botany 72巻 41–46頁 2011/05 査読有 原著論文
  • Characterization of halotolerant and oligotrophic bacterial communities in Asian desert dust (KOSA) bioaerosol accumulated in layers of snow on Mount Tateyama, Central Japan, Aerobiologia (2011) in press.  T. Maki, K. Aoki, F. Kobayashi, M. Kakikawa, Y. Tobo, A. Matsuki, H. Hasegawa, Y. Iwasaka,  Aerobiologia  2011/06 査読有 原著論文
  • Effects of Asian dust (KOSA) deposition event on bacterial and microalgal communities in the Pacific Ocean. Asian Journal of Atmospheric Environment (2011) in press. T. Maki, A. Ishikawa, F. Kobayashi, M. Kakikawa, K. Aoki, Asian Journal of Atmospheric Environment  2011/09 査読有 原著論文
  • Atmospheric bioaerosol, Bacillus sp., at an altitude of 3,500m over the Noto Peninsula: Direct sampling via aircraft. Asian Journal of Atmospheric Environment (2011) in press. F. Kobayashi, S. Morosawa, T. Maki, M. Kakikawa, M. Yamada, Y. Tobo, C.S. Hon, A. Matsuki, Y. Iwasaka, Atmospheric bioaerosol, Bacillus sp., at an altitude of 3,500m over the Noto Peninsula: Direct sampling via aircraft. Asian Journal of Atmospheric Environment (2011) in press. 2011/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Biodegradation of phenol in seawater using marine bacteria Isolated from the intestinal contents of marine creatures. International Biodeterioration & Biodegradation (2011) in press. F. Kobayashi, T. Maki, Y. Nakamura DOI: 10.1016/j.ibiod巻 2011/09 査読有 原著論文

講演・口頭発表等

  • 牧輝弥、鈴木峰、城戸耕介、長谷川浩、上田一正:第3回日本進化原生生物学研究会(2008)「有害ハプト藻Prymnesium parvumの鉄欠乏ストレスに関わる遺伝子群の探索」(2008)
  • T. Maki, S. Susuki, F. Kobayashi, M. Kakikawa, M. Yamada, T. Higashi, Y. Tobo, A. Matsuki, C. Hong, H. Hasegawa, Y. Iwasaka、Comparison of atmospheric bacterial composition in Asian dust (KOSA) source region, Dunhuang city, and arrival region, Suzu city、Asian Aerosol Conference AAC09、Nov 24-27, 2009, Bangkok, Thailand(2009)
  • T. Maki, S. Susuki, K. Kazuma, F. Kobayashi, M. Kakikawa, H. Hasegawa, Y. Iwasaka, PCR-DGGE Analysis of Asian Dust (KOSA) Bioaerosol Recorded in Snow Cover at Mount Tateyama, Central Japan, 16th Asian Symposium on Ecotechnology, Oct 21-23, 2009, Dalian Neusoft Institute of Information Dalian, China(2009)
  • 牧輝弥, 黄砂バイオエアロゾルに含まれる核酸塩基配列を用いた微生物の長距離輸送の検証, 京都化学者クラブ 234回, 12月5日(土)京都(2009)
  • 牧輝弥・鈴木振二・青木一真・小林史尚・柿川真紀子・小林真理子・長谷川浩・岩坂泰信,立山積雪断面に含まれる黄砂バイオエアロゾルの核酸塩基配列を用いた細菌組成種組成の解析、日本分析化学会第58年、2009年9月24日-26日、札幌(2009)

全て表示

  • 牧輝弥・鈴木振二・小林史尚・柿川真紀子・當房豊・小林真理子・長谷川浩・岩坂泰信、 能登半島上空で採取したバイオエアロゾルの細菌由来核酸断片を用いたPCR-DGGE解析、日本分析化学会第58年、2009年9月24日-26日、札幌(2009)
  • 牧輝弥、大気バイオエアロゾル中に生残する耐塩細菌群の種組成の解明、第3回大気ハイオエアロゾルシンホジウム、2009年1月11日、仙台KKRホテル(2009)
  • 牧輝弥、鈴木振二、小林史尚、柿川真紀子、山田丸、東朋美、長谷川浩、上田一正、岩坂泰信、珠洲市上空のバイオエアロゾルにおける耐塩細菌群の種組成解析、第24回日本微生物生態学会、2008年11月26日、北海道大学学術交流会館(2008)
  • 牧輝弥、鈴木振二、青木一真、小林史尚、柿川真紀子、山田丸、東朋美、長谷川浩、上田一正、岩坂泰信、立山積雪断面に含まれる黄砂バイオエアロゾルからの細菌群の検出、日本分析化学会第57年会、2008年9月10日、福岡大学(2008)
  • 牧輝弥:こまつものづくり技術シーズ発表会(2008)「ヒ素無機化細菌を利用した有機ヒ素汚染土壌のファイトレメディエーション」(2008)
  • 牧輝弥:第二回大気バイオエアロゾルシンポジウム(2008)「黄砂バイオエアロゾルの混合状態と耐塩細菌に注目した解析」(2008)
  • Maki T., Susuki S., Kobayashi F., Kakikawa M., Yamada M., Higashi T., Chen B., Shi G., Hong C., Tobo Y., Hasegawa H., Ueda K. and Iwasaka Y., Halotolerant bacterial community survived in atmosphere of Asian dust (KOSA) source region, Dunhuang City, The fifth international workshop on sand and dust storms, 21-24 May 2008, Urumqi, Xinjiang, China(2008)
  • Maki T., Susuki S., Kobayashi F., Kakikawa M., Yamada M., Higashi T., Hong C., Toubou Y., Hasegawa H., Ueda K., Iwasaka Y., Ecophysiological Analysis of Halophilic Bacteria in Bioaerosol, Biomicroworld2007(2007.12)Spain(2007)
  • Maki T., Susuki S., Kobayashi F., Kakikawa M., Yamada M., Higashi T., Hong C., Toubou Y., Hasegawa H., Ueda K., Iwasaka Y.. Ecophysiological analysis of halophilic bacteria in bioaerosol, 14th Asian Symposium on Ecotechnology(2007.10)Saul, Korea(2007)
  • 牧輝弥、鈴木振二、小林史尚、柿川真紀子、山田丸、東朋美、長谷川浩、上田一正、岩坂泰信:日本分析化学会第56年会(2008)「黄砂バイオエアロゾルの生態調査にむけた生理化学的分析手法の確立」(2008)
  • 環境修復技術の開発, 2004NEW環境展, インテックス大阪. 2004年9月.(2004)
  • 牧輝弥・小林史尚・柿川真紀子・松木篤・山田丸・岩坂泰信,黄砂バイオエアロゾルに含まれる微生物群種組成の特徴とその食文化への影響,CIGR(国際農業工学会)国際シンポジウム2011,日本農業工学会第27 回シンポジウム・日本学術会議公開シンポジウム「地球環境・気候変動と農業環境工学」,日本農業工学会・日本,学術会議主催,2011年9月21日(2011)
  • T. Maki, F. Kobayashi, M. Kakikawa ,M. Atsushi ,Y. Iwasaka, Phylogenetic analysis of long-range transported bacteria isolated from Asian dust (KOSA) bioaerosols, 2011 International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly (IUGG) 2011年6月28日,オーストラリア,メルボルン(2011)
  • 牧輝弥,黄砂バイオエアロゾルに含まれる細菌種組成,黄砂現象の環境・健康影響 —微生物および化学物質の長距離移動, 総合地球環境学研究所中国環境問題研究拠点、地球研プロジェクト「病原生物と人間の相互作用環」、金沢大学、大阪大学大学院薬学研究科・衛生・微生物学分野,京都,総合地球環境学研究所, 2011年4月15日(2011)
  • T. Maki:International Symposium on Aerosol and Radiation Studies, Zibo, China, 2010 “Epifluorescence observation technique for microbial particles included in Asian dust (KOSA) bioaerosols”(2010)
  • T. Maki, F. Kobayashi, M. Kakikawa, S. Susuki, K. Aoki, Y. Tobo, H. Hasegawa, Y. Iwasaka:The 8th International Symposium on Advanced Environmental Japan Monitoring, Sapporo, Japan, 2010 “Phylogenetic analysis of atmospheric bacterial isolates obtained from Asian dust (KOSA) bioaerosols” (2010)
  • 牧輝弥、小林史尚、松木篤、當房豊、柿川真紀子、鈴木振二、長谷川浩、岩坂泰信:日本エアロゾル学会(2010)「能登半島上空で採取したバイオエアロゾル細菌種組成の黄砂発生時と非発生時の比較(Influence of Asian dust (KOSA) events on atmospheric bacterial communities at high attitude in Suzu City, Japan)」 (2010)
  • 牧輝弥,小林史尚,諸澤真治,柿川真紀子,長谷川浩,岩坂泰信:日本分析化学会第59年会(2010)「航空機サンプリングにおいて捕集した大気微生物の核酸塩基配列の解析とその総観規模的移送の評価」(2010)
  • 牧輝弥、城戸耕介、石川輝、小林史尚、柿川真紀子、青木一真、長谷川浩、岩坂泰信:平成22年度日本水産学会秋季大会(2010)「黄砂鉱物粒子が及ぼす海洋微生物生態系への影響の外洋船上実験を用いた解明」(2010)
  • T. Maki, A. Iahikawa, F. Kobayashi, M. Kakikawa, K. Aoki, H. Hasegawa, Y. Iwasaka:The 4th International Symposium on environment of Rim of the Japan/East Sea, Jeju, Korea, 2010 “Effects of a KOSA deposition event on microbial abundance and structures in marine ecosystems” (2010)
  • 牧 輝弥,小林史尚,柿川真紀子,青木一真,松木 篤,岩坂泰信:日本気象学会 2010年度秋季大会(2010)「蛍光標識核酸プローブを用いた黄砂バイオエアロゾルの遺伝学的識別手法の確立」(2010)
  • 牧 輝弥 ,小林史尚,柿川真紀子,松木 篤,山田丸,岩坂泰信:第一回環境フォーラム 三井物産北陸支部(2010)「空中浮遊性微生物を見る目」(2010)
  • T. Maki, F. Kobayashi, K. Aoki, M. Kakikawa, M. Kobayashi, H. Hasegawa, Y. Iwasaka:Pacifichem 2010, Hawaii, USA,2010 “Phylogenetic analysis of the atmospheric bacterial communities at an Asian dust (KOSA) arrival region and a source region”(2010)
  • 牧 輝弥,小林史尚,諸澤真治,柿川真紀子、松木篤、岩坂泰信:第2回能登総合シンポジウム(2011)「能登半島上空3000mを漂うバイオエアロゾルの細菌種組成の解析」(2011)
  • 牧 輝弥,小林史尚,柿川真紀子,松木 篤,山田丸,岩坂泰信:サイエンスカフェ、第2回能登総合シンポジウム(2011)「空中浮遊性微生物を食べる」(2011)
  • 牧輝弥、能登半島上空で採取した黄砂バイオエアロゾル:PCR-DGGE解析、第4回大気ハイオエアロゾルシンホジウム、2010年3月14日、名古屋ポートビル(2010)
  • 牧輝弥、大気バイオエアロゾル中に生残する耐塩細菌群の分散状態、第4回大気ハイオエアロゾルシンホジウム、2010年3月14日、名古屋ポートビル(2010)
  • 牧輝弥、三重県沖の海洋調査と黄砂バイオエアロゾルに関する今後の展望、第4回大気ハイオエアロゾルシンホジウム、2010年3月14日、名古屋ポートビル(2010)
  • 鈴木振二・牧 輝弥・小林史尚・柿川真紀子・當房豊・小林真理子・長谷川浩・岩坂泰信、 能登半島上空で採取したバイオエアロゾルの細菌由来核酸断片を用いたPCR-DGGE解析、第1回能登総合シンポジウム、2009年11月30日 珠洲市 珠洲商工会議所会館(2009)
  • T. Maki, F. Kobayashi, M. Kakikawa, S. Susuki, K. Aoki, Y. Tobo, H. Hasegawa, Y. Iwasaka:Phylogenetic analysis of atmospheric bacterial isolates obtained from Asian dust (KOSA) bioaerosols(会議名:The 8th International Symposium on Advanced Environmental Japan Monitoring, 2010.7.1, Royton Sapporo Hotel (Japan) )(2010)
  • 牧輝弥,小林史尚,松木篤,當房豊,柿川真紀子,鈴木振二,長谷川浩,岩坂泰信:能登半島上空で採取したバイオエアロゾル細菌種組成の黄砂発生時と非発生時の比較,日本エアロゾル学会,2010年8月3日,名古屋大学(愛知県)(会議名:日本エアロゾル学会,2010年8月3日,名古屋大学(愛知県))(2010)
  • 牧輝弥,小林史尚,諸澤真治,柿川真紀子,長谷川浩,岩坂泰信:航空機サンプリングにおいて捕集した大気微生物の核酸塩基配列の解析とその総観規模的移送の評価, 日本分析化学会第59年会,2010年9月15日,東北大学(宮城県)(会議名:日本分析化学会第59年会)(2010)
  • 牧輝弥,城戸耕介,石川輝,小林史尚,柿川真紀子,青木一真,長谷川浩,岩坂泰信:黄砂鉱物粒子が及ぼす海洋微生物生態系への影響の外洋船上実験を用いた解明(会議名:平成22年度日本水産学会秋季大会,2010年9月24日,京都大学(京都府))(2010)
  • T. Maki, F. Kobayashi, K. Aoki, M. Kakikawa, M. Kobayashi, H. Hasegawa, Y. Iwasaka:Phylogenetic analysis of the atmospheric bacterial communities at an Asian dust (KOSA) arrival region and a source region,(会議名: Pacifichem 2010, Hawaii, 2010.12.19 (USA))(2010)
  • 牧輝弥,小林史尚,諸澤真治,柿川真紀子、松木篤、岩坂泰信:能登半島上空3000mを漂うバイオエアロゾルの細菌種組成の解析(会議名:第2回能登総合シンポジウム,2011年1月21日,金沢大学(石川県))(2011)
  • 牧輝弥:黄砂バイオエアロゾルに含まれる細菌種組成,黄砂現象の環境・健康影響—微生物および化学物質の長距離移動, 2011年4月15日,総合地球環境学研究所(京都府)(会議名:総合地球環境学研究所中国環境問題研究拠点、地球研プロジェクト「病原生物と人間の相互作用環」,)(2011)
  • T. Maki, F. Kobayashi, M. Kakikawa, M. Atsushi, Y. Iwasaka:Phylogenetic analysis of long-range transported bacteria isolated from Asian dust (KOSA) bioaerosols(会議名:2011 International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly (IUGG), 2011.6.28,Melbourne Convention & Exhibition Centre (Australia))(2011)
  • 牧輝弥,小林史尚,柿川真紀子,青木一真,松木篤,山田丸,岩坂泰信,黄砂によって長距離輸送される優占細菌種とその納豆発酵機能の解明(会議名:第6回大気 バイオエアロゾルシンポジューム,2011年 12 月 9日、国立極地研究所(東京都))(2011)
  • 牧輝弥,能登半島上空に風送される大気バイオエアロゾル~西からの旅人と北からの旅人~第3回能登総合シンポジウム(会議名:The 3rd Symposium of Integrated Studies on NOTO Peninsula, 2012.3.16, 商工会議所(石川県))(2012)
  • T. Maki, A. Iahikawa, F. Kobayashi, M. Kakikawa, K. Aoki, A. Matsuki, H. Hasegawa, Y. Iwasaka: Effects of Asian dust (KOSA) deposition event on microbial compositions in the Pacific Ocean(会議名: Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) General Assembly, 2012.8.16, Resorts World Convention Centre, (Singapore))(2012)
  • 牧輝弥,青木一真,小林史尚,柿川真紀子,松木篤,岩坂泰信:黄砂バイオエアロゾルがもたらす発酵食品〜「そらなっとう」から「やまなっとう」にむけて, (会議名:立山研究会2012,2012.12.18,富山大学(富山県))(2012)
  • 牧輝弥,小林史尚,柿川真紀子,山田丸,松木篤,岩坂泰信:黄砂によって変動する大気バイオエアロゾル(会議名: 第7回大気バイオエアロゾルシンポジューム,2013年1月31日,滋賀県立大(滋賀県))(2013)
  • T. Maki, M. Kakikawa, F. Kobayashi, M. Yamada, A. Matsuki, Y. Iwasaka:Assessment of composition and origin of airborne bacteria in the free troposphere over Japan, 第7回大気バイオエアロゾルシンポジューム,2013年2月1日,滋賀県立大(滋賀県)(会議名:第7回大気バイオエアロゾルシンポジューム)(2013)

芸術・フィールドワーク

○Sampling of KOSA particles(2007/08/15-2007/08/19)(開催地:敦煌(中国))

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(A)「黄砂バイオエアロゾルの遺伝学的識別法を用いた耐塩微生物の越境輸送と環境影響の解明」(2010-2012) 代表者
○基盤研究(B)(海外学術調査)「沙漠地帯から越境輸送される黄砂バイオエアロゾルを標的とした高高度大気調査」(2014-2016) 代表者
○基盤研究(A)「黄砂バイオエアロゾル及び人為起源エア ロゾルの雲核・氷晶核 能に関する研究」(2011-2013) 分担者
○基盤研究(A)「砂漠上空の砂塵とバイオエアロゾルの混合状態に関する野外研究:気球による直接採集」(2008-) 分担者
○若手研究(B)「黄砂バイオエアロゾルにおける耐塩細菌の長距離輸送とその微生物生態への影響」(2008-) 代表者
○基盤研究(C)「キトサンを母材としたアミノ酸修飾両性イオン交換樹脂の開発と捕集分離機能の追求」(2006-) 分担者
○基盤研究(C)「生分解性キレート剤を用いた植物プランクトンの増殖制御技術の開発」(2006-) 分担者
○若手研究(B)「砒素ファイトレメディエーションへの金属無機化細菌の実用化」(2005-) 代表者
○若手研究(B)「鉄輸送配位子シデロホアの生合成遺伝子による赤潮抑制型・植物プランクトンの増殖制御」(2003-) 代表者
○特定領域研究「身近な水環境を題材とした化学教育プログラムの開発」(2003-) 分担者
○基盤研究(B)「南極域の風送バイオエアロゾル実相調査:気球等を使った先駆的生態系観測の展開」(2011-2013) 分担者

学域・学類担当授業科目

○応用化学実験Ⅵ(2017)
○応用分析化学(2017)
○地域概論(2017)
○課題探究ゼミナールⅠ(2017)
○応用生物化学(2017)
○大気圏環境科学(2017)
○応用化学実験Ⅵ(2017)
○応用分析化学(2016)
○課題探究ゼミナールⅠ(2016)
○応用化学実験Ⅵ(2016)
○応用生物化学(2016)
○応用化学実験Ⅵ(2016)
○応用生物化学(2015)
○応用化学実験Ⅵ(2015)
○応用化学実験Ⅵ(2015)
○応用化学実験Ⅳ(2015)
○応用化学実験Ⅳ(2015)
○応用分析化学(2015)
○英語Ⅲ(専門セミナー)(2014)
○初学者ゼミ(2014)
○課題探究ゼミナールⅠ(2014)
○応用化学実験Ⅵ(2014)
○応用生物化学(2014)
○応用化学実験Ⅳ(2014)
○応用分析化学(2014)
○応用化学実験Ⅵ(2014)
○応用化学実験Ⅳ(2014)

大学院担当授業科目

○エネルギー・環境プログラム序論(2017)
○微生物環境化学(2017)
○微生物環境化学(2017)
○微生物環境化学(2017)
○微生物環境化学(2017)
○環境工学総論B(2017)
○環境分析化学(2017)
○環境工学総論A(2017)
○環境保全化学(2017)
○環境工学総論/自然科学研究科(2016)
○環境保全化学(2016)
○環境分析化学(2016)
○微生物環境化学(2016)
○環境工学総論(2016)
○エネルギー・環境プログラム序論(2016)
○エネルギー・環境プログラム序論(2015)
○環境分析化学(2015)
○環境保全化学(2015)
○微生物環境化学(2015)
○微生物環境化学(2014)
○微生物環境化学(2014)
○分子環境化学(2014)
○微生物環境化学(2014)
○環境分析化学(2014)
○環境保全化学(2014)
○エネルギー・環境プログラム序論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

○JAPAN TENT(2013)

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○生協(2012-2013) 生協の理事。月1回の理事会。生協の運営向上を目指し、意見を述べる。
○ホテル海望(石川県七尾市)(2011-2011) 第29回レーザセンシングシンポジウムを開催し,105名が宿泊し,飲食した。ホテル海望に対し,総額200万円の経済効果があった。
○物質化学類事業所(2008-2009) 物質化学類 代議員 組合のためにアンケートを取る。
○金沢大学教職員組合工学部分会 (2008-2008) 文化厚生部 執行委員
○生協(2009-) 総代を務め,生協運営の改善に取り組む

このページの先頭へ