本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

田村 博志 (たむら ひろし) 教授 TAMURA Hiroshi

メール

所属組織・役職等

理工研究域 機械工学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 機械工学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 機械科学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 システム創成科学専攻

所属研究室等

 TEL:076-264-6437 FAX:076-264-6437

学歴

【出身大学院】
北海道大学 博士課程 理学研究科 物理学 1985/03 修了
【出身大学】
金沢大学 理学部 物理学 1977 卒業
【取得学位】
理学博士

職歴

生年月

1954年01月

所属学会

日本物理学会
日本数学会 評議員(2008-2008)

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

数理物理学、数学一般(含確率論・統計数学)、解析学基礎、数理物理・物性基礎

専門分野キーワード

ギッブス測度、点過程

研究課題

著書

論文

  • Random Point Field Approach to Analysis of Anisotropic Bose-Einstein Condensations  H. Tamura and V.A. Zagrebnov Markov Processes Relat. Fields  18巻 3号 473-530頁 2012/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Boson Gas Mean Field Model Trapped by Weak Harmonic Potentials in Mesoscopic Scaling RIMS Kokyuroku Bessatsu B21巻 163-181頁 2010/09 査読有 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Large deviation principle for noninteracting JOURNAL OF MATHEMATICAL PHYSICS 51巻  023528頁 2010/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mean-field interacting boson random JOURNAL OF MATHEMATICAL PHYSICS 50巻 2号  023301頁 2009/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Random point fields for paraparticles JOURNAL OF MATHEMATICAL PHYSICS 48巻 2号 023301頁 2007/02 査読有 原著論文

全て表示

  • A Random Point Field related to JOURNAL OF FUNCTIONAL ANALYSIS 243巻 1号 207-231頁 2007/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Canonical Ensemble Approach COMMUNICATIONS IN MATHEMATICAL PHYSICS 263巻 2号 353-380頁 2006/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Berezinskii-Kosterlitz-Thouless Order in Two-Dimensional (2)-Ferrofluid Hiroshi Tamura ほか3名 JOURNAL OF STATISTICAL PHYSICS 106/5巻 6号 875-8頁 2002/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Representations of $, O(N) ,$ Spin Models by Self-Avoiding Random Walks K. R. Ito, T. Kugo and H. Tamura Commun. Math. Phys. 183巻 3号 723-737頁 1997/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Note on the Paper `` The Norm Convergence of the Trotter-Kato Product Formula with Error Bound" by Ichinose and Tamura Takashi Ichinose, Hideo Tamura, Hiroshi Tamura and Valentin Zagrebnov Commun. Math. Phys. 2001巻 499-510頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • N Dependence of Upper Bounds of Critical Temperatures of 2D O(N) Spin Models K. R. Ito and H. Tamura Commun. Math. Phys. 202巻 127-168頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Deviation of Upper Bounds of Critical Temperature of Two-Dimensional O(N) Spin Models K. R. Ito and H. Tamura Lett. Math. Phys. 44巻 339-348頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A remark on operator-norm convergence of Trotter-Kato product formula Hiroshi Tamura Integr. Equ. Oper. Theory 37巻 3号 350-356頁 2000/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dynamics of an Open System for Repeated Harmonic Perturbation Journal of Statistical Physics 163巻 4号 844-867頁 2016/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Model of Nonautonomous Dynamics Driven by Repeated Harmonic Interaction Theoretical and Mathematical Physics 187巻 3号 909-934 頁 2016/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dynamical semigroup for unbounded repeated perturbation of an open system Journal of Mathematical Physics 57巻 2号 023519(13pages)頁 2016/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Exactly soluble quantum model for repeated harmonic perturbation Journal of Statistical Mechanics:Theory and Experiment 2015巻 P10005(25 pages)頁 2015/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • XVI International Congress on Mathematical Physics the Clarion Congress Hotel Prague, Prague Czech Republic, August 3-8, 2009 Bose Gases in Scaled Harmonic Traps in terms of Random Point Fields ポスター発表 8月6日 繰り込み群の数理科学での応用 (Applications of Renormalization Group Methods in Mathematical Sciences) Boson gas mean field models trapped by weak harmonic potentials in mesoscopic scaling 9月09日 Mathmatical Quantum Field Theory and Renormalization Theory Random point fields, random measures and Bose-Einstein condensation 11月27日 Stochastic Problems and Nonlinear PDEs Random point fields, random measures and Bose-Einstein condensation 11月30日 (2009)
  • 繰り込み群の数理科学での応用 日時:2007年9月12日〜14日 場所:京都大学数理解析研究所 115号室 9月13日 Boson Gas Mean Field Models in Weak Trapping Potentials by Means of Random Point Fields Workshop",Quantum many-body systems, Bose-Einstein condensation", 2008年 9月29日(月)〜10月4日(土) Centre de recherches Math',ematiques Universit',e de Montr',eal 10月1日   ",The Bose-Einstein Condensations and the Random Point Fields", (2008)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○萌芽研究(2002-2008)「量子力学から導かれる点過程に関する研究」(2005-2007) 代表者
○基盤研究(C)「確率場を用いた量子統計力学の研究」(2008-2011) 代表者
○基盤研究(C)「ボーズ・アインシュタイン凝縮の作用素値確率変数を用いたアプローチ」(2012-2015) 代表者

学域・学類担当授業科目

○物理学Ⅰ(2017)
○微分積分学第二(2017)
○物理学Ⅱ(2017)
○確率・統計解析(2017)
○ベクトル解析及び演習(2017)
○ベクトル解析及び演習(2017)
○バックアップ演習(2016)
○ベクトル解析及び演習(2016)
○数学物理基礎リテラシー(2016)
○確率・統計解析(2016)
○ベクトル解析及び演習(2016)
○物理学Ⅱ(2016)
○微分積分学第二(2016)
○物理学Ⅰ(2016)
○物理学Ⅱ(2015)
○数学物理基礎リテラシー(2015)
○ベクトル解析及び演習(2015)
○確率・統計解析(2015)
○微分積分学第一(2015)
○微分積分学第二(2015)
○物理学Ⅱ(2014)
○物理学Ⅰ(2014)
○微分積分学第二(2014)
○微分積分学第一(2014)
○確率・統計解析(2014)

大学院担当授業科目

○数理物理学(2017)
○数理物理学(2017)
○数理物理学(2017)
○数理物理学(2017)
○課題研究(2016)
○機能機械工学(2016)
○機能機械工学(2015)
○統計力学(2015)
○数理物理学(2015)
○統計力学(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ