本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

千木 昌人 (せぎ まさひと) 教授 SEGI Masahito

メール メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系
理工学域物質化学類長
理工研究域物質化学系長

教育分野

【学士課程】
理工学域 物質化学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 物質科学専攻

所属研究室等

精密有機合成化学研究室 TEL:076-234-4787 FAX:076-234-4800

学歴

【出身大学院】
金沢大学 修士課程 工学研究科 工業化学専攻 1980/03 修了
【出身大学】
金沢大学 工学部 工業化学科 1978/03 卒業
【取得学位】
工学博士

職歴

金沢大学 工学部(1980/04/01-1990)
金沢大学 工学部(1990/04/01-1996/01/31)
金沢大学(1996/02/01-2007/05/31)
金沢大学 自然科学研究科(2007/06/01-)
金沢大学 理工研究域(2008/04/01-)

生年月

1956年03月

所属学会

日本化学会 代議員(2007-2009 )(2007-2009)
有機合成化学協会 関西支部幹事(2004-2006)、評議員(2006- )(2006-2012)
近畿化学協会
アメリカ化学会

学内委員会委員等

○自然科学棟施設検討WG 委員(2016-2017)
○系長懇談会 委員(2014-2017)
○自然科学研究科会議代議員会 委員(2012-2017)
○理工系教育研究会議代議員会 委員(2012-2017)
○自然科学研究科副研究科長 その他(2016-2017)
○施設マネジメント委員会 委員(2016-2017)
○環境報告書編集小委員会 委員(2016-2017)
○環境調査チーム 座長(2016-2017)
○環境マネジメント委員会 委員長(2016-2017)

受賞学術賞

○井上研究奨励賞(1991/02/01)
○日本化学会若い世代の講演者(1990/10/03)
○第3回ヘテロ原子化学国際会議ポスター賞(1992/06/11)

専門分野

有機合成化学、複素環化学、有機反応、合成化学、有機化学、機能物性化学

専門分野キーワード

カルコゲン元素、アシルシラン、有機金属化学

研究課題

カルコゲン元素の多重結合を含む高反応性化学種の合成と反応

高周期ヘテロ元素を含む多重結合化合物は不安定でその反応制御が困難であると言われているが、逆の見方をすれば高反応性であり有機合成における有用な中間体として期待される。本研究ではカルボニル基の酸素原子を直接他のカルコゲン元素に変換する新しい試薬を開発し、様々なC=Se二重結合化合物の新構築法を確立してきた。また、これらの高いジエノフィル性を利用し、種々の共役ジエンやヘテロジエン類、さらに1,3-双極子との環化付加反応により、新規な複素環化合物の合成を行うとともに、生体関連化合物合成への応用も検討している。

イオウあるいはセレン原子を有する不斉二座配位子の合成研究

医薬品において、不斉配位子を用いた有機金属錯体による触媒的不斉合成反応は極めて需要である。これまで様々な不斉配位子が合成され、高い不斉収率の反応が可能となっているが、イオウやセレンなどのカルコゲン原子を有する不斉配位子はあまり利用されていない。本研究では、入手容易な不斉源を出発原料に用い、これらから誘導したイオウあるいはセレン原子を有する二座配位子を合成するとともに、新規な不斉反応の開発を目指している。

有機金属および有機ヘテロ原子化学を基にした新規合成反応の開発

近年の有機合成の分野では周期表の様々な元素の特性を十分に引き出しうる官能基変換反応の開発が不可欠となっている。本研究では、Zr, Ti, Cu, Zn, Pdなどの遷移金属およびSeの特性を各々生かした反応を連続的に組み合わせ、入手容易な出発原料から合成上有用な官能基を有する化合物へ選択的にかつ効率よく変換する方法を検討している。従来独立していた有機金属化学とヘテロ元素化学を有機的に結びつけ、新しい複合領域への道が拓けるものと期待している。

著書

  • Science of Synthesis, Vol. 39: Compounds with One Saturated Carbon-Heteroatom Bond: Sulfur, Selenium, and tellurium 2007/11 原著書 共著 978-3-13-118921-9

論文

  • [4+2] Dimerization and Cycloaddition Reaction of a,b-Unsaturated Selenoaldehydes and Selenoketones G. M. Li, M.Segi ほか6名 JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY 64巻 5号 1565-1575頁 1999/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • On the Behavior of a,b-Unsaturated Thioaldehydes and Thioketones in the Diels-Alder Reaction G. M. Li, M.Segi ほか6名 JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY 65巻 20号 6601-6612頁 2000/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Reaction of Selenocarbonyl Compounds with Oxygen-functionalized Conjugated Dienes M.Segi, H.Yamamoto, T.Hori, T.Nakajima Phosphorus, Sulfur Silicon Related Elements 136,137&138巻 12号 599-602頁 1998/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Reversal of p-Facial Diastereoselection in the Hydride Reduction of Selenanones. Further Application of the Exterior Frontier Orbital Extension Model S.Tomoda, J.Zhang, D.Kaneno, M.Segi, A.Zhou Tetrahedron Letters 41巻 23号 4597-4601頁 2000/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and Structure of Telluroamides and Selenoamides. The First Crystallographic Study of Telluroamides G.M.Li, M.Segi ほか3名 Organometallics 16巻 4号 756-762頁 1997/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • 1位がヘテロ原子で置換されたシクロプロピルカルビノール類の酸触媒反応挙動 西沢寿晃・三田孝仁・本田光典・千木昌人・中島 正 Proceeding of the 28th Symposium on Heteroatom Chemistry 222-223頁 2001/12 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • α,β-不飽和セレノカルボニル化合物の環化付加反応における挙動 田中功一郎・李 光明・千木昌人・中島 正 Proceeding of the 27th Symposium on Heteroatom Chemistry 54-57頁 2000/11 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • ジクロロホスフィン誘導体のカルコゲン化反応による活性種の発生とその1,3-ジエン類による捕捉 渡邊賢太郎・千木昌人・中島 正 Proceeding of the 26th Symposium on Heteroatom Chemistry 69-72頁 1999/12 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • セレノカルボニルシラン及びスタンナン類の合成と反応 寺崎慎悟・千木昌人・中島 正 Proceeding of the 28th Symposium on Heteroatom Chemistry 68-71頁 2001/12 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • ヒドロジルコネーションを経て生成したフェニルセレノ置換ビニル銅試薬と各種求電子剤との反応 鈴木政宏・千木昌人・中島 正 Proceeding of the 24th Symposium on Heteroatom Chemistry 120-123頁 1997/12 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • フェニルセレノ基を有する末端アルキンと有機金属試薬との反応を利用する多官能性化合物の合成 横江一郎・千木昌人・中島 正 Proceeding of the 25th Symposium on Heteroatom Chemistry 39-42頁 1998/12 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • フェニルプロパルギルセレニドを用いる多官能性化合物への分子変換 高崎幸太郎・千木昌人・中島 正 Proceeding of the 27th Symposium on Heteroatom Chemistry 202-203頁 2000/11 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • ホモプロパルギルセレニド誘導体を用いる共役不飽和化合物への分子変換 西野陽子・千木昌人・中島 正 Proceeding of the 28th Symposium on Heteroatom Chemistry 212-213頁 2001/12 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • [3+2] Cycloaddition between Nitrile Oxides or Nitrile Imines and Selenoaldehydes Generated by Retro Diels-Alder Reaction M.Segi, M.Kojima, K.Tanno, T.Nakajima Proceeding of 2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 1606頁 2000/12 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • [3+2] Cycloaddition Reaction of Selenoaldehydes with 1,3-Dipoles M.Segi, K.Tanno, T.Nakajima Proceeding of the 5th International Conference on Heteroatom Chemistry 83頁 1998/07 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • [4+2] Dimerization and Cycloaddition Reactions of a,b-Unsaturated Selenoaldehydes, Selenoketones, Thioaldehydes, and Thioketones G.M.Li, R.A.Zingaro, S.Niu, J.H.Reibenspies, M.Segi, T.Nakajima Proceeding of the 5th International Conference on Heteroatom Chemistry 28頁 1998/07 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Acid-catalyzed Rearrangement of Cyclopropylacylsilanes and Cyclopropylsilylcarbinols M.Honda, M.Segi, T.Nakajima Proceeding of the 7th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry 177頁 1997/11 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Generation and Reaction of Reactive Molecules Involving Phosphorus-Chalcogen Double Bonds M.Segi, K.Watanabe, T.Nakajima Proceeding of the 6th International Conference on Heteroatom Chemistry 175頁 2001/06 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Olefination of Carbonyl Compounds with an Arylselenenyl Group by Organotitanium Reagents Followed by Functionalization via Deselenation M.Segi, H.Kawai, T.Takabatake, T.Nakajima Proceeding of the 44th Symposium on Organometallic Chemistry 220-221頁 1997/09 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Reaction of Vinylic Organocuprates Formed via Sequential Hydrozirconation-Transmetalation of 1-Alkynes Having a Phenylseleno Group with Electrophiles M.Segi, M.Suzuki, T.Nakajima Proceeding of the 5th International Symposium on Carbanion Chemistry 149頁 1998/08 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Stereochemistry of Nucleophilic Addition Reaction to b-Alkoxyacylsilanes M.Honda, M.Segi, T.Nakajima Proceeding of the 48th Symposium on Organometallic Chemistry 404-405頁 2001/09 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Synthesis of Polyfunctionalized Compounds Utilizing Hydrozirconation of 1-Alkynes Having a Phenylseleno Group Y.Nishino, I.Yokoe, M.Suzuki, M.Segi, T.Nakajima Proceeding of 2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 797頁 2000/12 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Diastereoselective Aldol Condensation of Acylsilane Silyl Enol Ethers with Acetals M. Honda, M. Segi ほか2名 TETRAHEDRON 58巻 34号 6815-6823頁 2002/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Reaction of Selenoaldehydes with 2-Methoxyfuran Using Their Generation by Retro Diels-Alder Reaction A. Zhou, M. Segi, T. Nakajima TETRAHEDRON LETTERS 44巻 6号 1179-1182頁 2003/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 逆Diels-Alder反応によるセレノアルデヒドの発生と各種エノフィルとの反応 M. Segi 有機合成化学協会誌 61巻 7号 661-669頁 2003/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Generation of Selenoaldehydes via Retro Diels-Alder Reaction and Their Behavior in the Reaction with Some Enophiles M. Segi, A. Zhou, M. Honda PHOSPHORUS SULFUR AND SILICON AND THE RELATED ELEMENTS 180巻 3 & 4号 1045-1049頁 2005/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stereoselective Tandem Aldol-Tishchenko Reaction with Acylsilanes M. Honda, R. Iwamoto, Y. Nogami, M. Segi CHEMISTRY LETTERS 34巻 4号 466-467頁 2005/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stereoselective Acid-catalyzed Homoallylic Rearrangement of Cyclopropylsilylmethanols: An Efficient Route to Z-Homoallyl Derivatives M. Honda, M. Segi ほか3名 TETRAHEDRON LETTERS 46巻 38号 6465-6468頁 2005/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • An Efficient Synthesis of 5-Silyl-2,3-dihydrofurans via Acid-catalyzed Ring-enlargement of Cyclopropyl Silyl Ketones and Their Functionalization M. Honda, M. Segi ほか4名 TETRAHEDRON LETTERS 46巻 43号 7345-7348頁 2005/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stereoselective Construction of 1,3-Diol Derivatives via Nucleophilic Reaction to b-Methoxysilanes M. Honda, M. Segi ほか3名 CHEMISTRY LETTERS 34巻 10号 1432-1433頁 2005/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Acid-Catalyzed Reaction Behavior of 1-Silylcyclopropylmethanols 47巻 32号 5751-5754頁 2006/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • An Efficient 1,3-Dipolar Cycloaddition between Aromatic Selenoaldehydes and Nitrile Oxides or Nitrile Imines: An Easy Access to Selenium-Containing Five-Membered Heterocyclic Ring System 48巻 13号 2303-2306頁 2007/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stereoselective Hetero Diels-Alder Reaction of Selenoaldehydes with Pentavalent Phosphole Chalcogenides 48巻 19号 3349-3354頁 2007/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Reaction Behavior of Cyclopropylmethyl Cations Derived 1-Phenylselenocyclopropylmethanols with Acids TETRAHEDRON 65巻 45号  9403-9411頁 2009/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Acid-catalyzed Reaction Behavior of 1-Phenylselenocyclopropylmethanols CHEMISTRY LETTERS 37巻 9号 946-947頁 2008/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • [3+2] Cycloaddition of Seleno- and Thioaldehydes with Cyclic Azomethine Imines Maeda, H.; Takamizawa, Y.; Segi, M HETEROCYCLES 84巻 1号 393-400頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Reaction of 1-Silylcyclopropyl Anions with Dichloromethyl Methyl Ether: The Efficient Synthesis of Cyclopropyl Silyl Ketones via Cyclopropylidene Derivatives TETRAHEDRON LETTERS 51巻 9, 1294-1297号 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Stereoselective Approach to (Z)-1-Silyl-2-aryl-1,3-dienes from 4-(Phenylseleno)but-1-yne via Palladium-catalyzed Silylstannylation and Selenoxide Elimination Shintaku, K.; Maeda, H.; Segi, M. Synthesis 45巻 3号 341-346頁 2013/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • An efficient synthesis of cyclopropyl silyl ketones Honda, M.; Nakae, K.; Nishizawa, T.; Suda, M.; Kunimoto, K.-K.; Segi, M Tetrahedron 67巻 49号 9500-9508頁 2011/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Conjugate Addition of Vinylic Organocuprates Generated via Transmetalation of Phenylseleno-Substituted Vinylzirconates. Functionalization at the 4-Position of Enones  22巻 3-4号 545-552頁 2011/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Reaction of acylsilanes with α-sulfinyl carbanions: regioselective synthesis of silyl enol ethers 52巻 29号 3740-3742頁 2011/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of Selenohydantoins from Isoselenocyanates and alfa-Amino Acids 82巻 2号 1709-1717頁 2011/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • One-pot synthesis of selenoureas and selenocarbamates via selenation of isocyanates with bis(dimethylaluminum) selenide 52巻 3号 415-417頁 2011/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthetic transformation of homopropargylic selenides to conjugated diene-substituted alcohols and amines using diisopropoxy(η2-alkyne)titanium intermediates Shintaku, K.; Nishino, Y.; Maeda, H.; Segi, M. TETRAHEDRON 69巻 21号 4311-4324頁 2013/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • シリル基の特性を利用したアシルシランの分子変換反応 本田光典 有機合成化学協会誌 68巻 6号 601-613頁 2010/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and fluorescence properties of dioxa-, dithia-, and diselena-[3.3](1,3)pyrenophanes Maeda, H., Hironishi, M., Ishibashi, R., Mizuno, K., Segi, M. Photochemical & Photobiological Sciences 16巻 2号 228-237頁 2017/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stereoselective Synthesis of Allyl Ethers Using α,β-Unsaturated Acylsilanes Honda, M., Takatera, T., Ui, R.; Kunimoto, K.-K., Segi, M. Tetrahedron Letters 58巻 9号 864-869頁 2017/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Magnesium‐Alkoxide Directed Photoaddition of Tetrahydrofurans to γ,γ-Disubstituted Allylic Alcohols Watanabe, Y., Sakai, T., Maeda, H., Segi, M., Soeta, T., Ukaji, Y. Heterocycles 93巻 2号 833-844頁 2016/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Synthesis, Fluorescence, and Photoreactions of Stilbene Derivatives Containing Silyl Groups(2016/04)
  • Novel Synthetic Approach to 4'-Selenonucleoside Derivatives via Cycloaddition of Selenoaldehydes Followed by Stereospecific Ring Contraction(2016/05)
  • 1-ビニルピレン類の分子内光二量化反応(会議名:第27回基礎有機化学討論会)(2016/09)
  • (1,6)ピレノファン類の合成、構造、および蛍光特性(会議名:第27回基礎有機化学討論会)(2016/09)
  • ナフチロキシメチルナフタレン類のクライゼン転位反応(会議名:第27回基礎有機化学討論会)(2016/09)

全て表示

  • ケイ素官能基を有するスチルベン誘導体の構造、光反応、および発光特性(会議名:第27回基礎有機化学討論会)(2016/09)
  • セレノカルボニル基が置換したピリジニウムイリドを用いた含セレン複素環化合物の合成(会議名:第46回複素環化学討論会)(2016/09)
  • オキサザホスホリジンを利用したP=SまたはP=Se基を含むキラル二座配位子の合成(会議名:第46回複素環化学討論会)(2016/09)
  • リン-カルコゲン結合を有するキラル二座配位子の合成(会議名:平成28年度有機合成化学北陸セミナー)(2016/10)
  • 鉛の特性を活用した電子受容性フタロシアニンの系統的合成(会議名:第6回CSJ化学フェスタ2016)(2016/11)
  • メカノクロミズム特性を持つジシアノエチレン誘導体の開発と応用(会議名:第6回CSJ化学フェスタ2016)(2016/11)
  • ホモプロパルギルセレニドの CuBr 触媒カップリング反応を利用したビニルアレン類の合成(会議名:第43回有機典型元素化学討論会)(2016/12)
  • セレノアルデヒドの Hetero Diels-Alder 反応を利用したセレノ糖誘導体の合成(会議名:第43回有機典型元素化学討論会)(2016/12)
  • 鉛を利用した電子求引基を持つフタロシアニンフリーベース体の合成(会議名:日本化学会第97春季年会)(2017/03)
  • 固体発光特性を持つジシアノエチレン誘導体の合成と物性評価(会議名:日本化学会第97春季年会)(2017/03)
  • メチレン鎖で架橋した(2,7)ピレノファンの合成と蛍光特(会議名:日本化学会第97春季年会)(2017/03)
  • 1-ビニルピレン類の分子内光二量化反応(会議名:日本化学会第97春季年会)(2017/03)
  • オリゴエチレングリコール鎖で架橋した(1,6)ピレノファン類の合成と蛍光特性(会議名:日本化学会第97春季年会)(2017/03)
  • セレノカルボニル基が置換した窒素イリドとヘテロ求核剤及びアルキンとの反応(会議名:日本化学会第97春季年会)(2017/03)
  • 反芳香族性環拡張フタロシアニン骨格の還元特性(会議名:日本薬学会第137年会)(2017/03)
  • インジゴの環拡張反応を用いた機能性色素の開発(会議名:日本薬学会第137年会)(2017/03)
  • 特になし(2012)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○ヘテロ原子を含む複素環化合物合成の共同研究
○イオウおよびセレン原子を含む有機化合物の合成に関する研究
○芳香族多塩素化合物の脱塩素化による無害化技術の開発

科研費

○重点領域研究(1987-1997)「4族遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的分子変換反応の開発」(1997-) 代表者
○基盤研究(C)「有機ジルコニウム化合物およびセレン元素の特性を活用した効率的官能基導入法の開発」(1997-) 代表者
○特定領域研究(A)(1998-2001)「遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的官能基変換反応の開発」(1998-) 代表者
○基盤研究(C)「有機ジルコニウム化合物およびセレン元素の特性を活用した効率的官能基導入法の開発」(1998-) 代表者
○特定領域研究(A)(1998-2001)「遷移金属錯体による炭素結合形成を利用する効率的官能基変換反応の開発」(1999-) 代表者
○基盤研究(C)「複数の元素の協同作用を利用する多官能性分子構築法の開発」(1999-) 代表者
○基盤研究(C)「複数の元素の協同作用を利用する多官能性分子構築法の開発」(2000-) 代表者
○基盤研究(C)「炭素三員環とシリル基の特性を利用した立体選択的合成反応の開発」(2001-) 代表者

学域・学類担当授業科目

○化学の世界(2017)
○化学の世界(2017)
○有機化学Ⅰ(2017)
○応用化学実験Ⅳ(2017)
○有機反応論(2017)
○応用化学演習Ⅰ(2017)
○応用化学実験Ⅳ(2017)
○有機化学Ⅰ(2016)
○有機反応論(2016)
○応用化学演習Ⅰ(2016)
○応用化学実験Ⅳ(2016)
○有機化学基礎(2016)
○応用化学実験Ⅳ(2016)
○化学の世界(2016)
○有機反応論(2015)
○有機化学Ⅰ(2015)
○応用化学演習Ⅰ(2015)
○応用化学実験Ⅳ(2015)
○応用化学実験Ⅳ(2015)
○大学・社会生活論(2015)
○大学・社会生活論(2014)
○応用化学演習Ⅰ(2014)
○有機化学Ⅰ(2014)
○有機反応論(2014)
○応用化学実験Ⅳ(2014)
○応用化学実験Ⅳ(2014)
○有機化学基礎(2014)

大学院担当授業科目

○マテリアルプログラム序論(2017)
○有機典型元素化学(2017)
○有機典型元素化学(2017)
○有機典型元素化学(2017)
○有機典型元素化学(2017)
○有機材料合成化学(2017)
○有機機能化学(2017)
○有機材料合成化学(2016)
○マテリアルプログラム序論(2016)
○有機典型元素化学(2016)
○有機機能化学(2016)
○有機機能化学(2015)
○マテリアルプログラム序論(2015)
○有機材料合成化学(2015)
○有機典型元素化学(2015)
○有機典型元素化学(2014)
○有機官能基変換論(2014)
○有機ヘテロ原子化学(2014)
○有機官能基変換論(2014)
○有機材料合成化学(2014)
○有機機能化学(2014)
○マテリアルプログラム序論(2014)

他大学の客員教授

○筑波大学
○福岡大学
○福井大学

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○有機セレン化学(キーワード:有機セレン,カルコゲン)
○有機分子の右と左 - 不斉分子の世界 -(キーワード:不斉分子,ノーベル化学賞)
○化学物質の環境リスク対策(キーワード:化学物質,グリーンケミストリー)

その他公的社会活動

このページの先頭へ