本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年04月15日

原田 真市 (はらだ しんいち) 准教授 HARADA Shin-ichi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系 教育研究支援センター

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 薬学専攻

所属研究室等

教育研究支援センター TEL:076-265-2138 FAX:076-234-4209

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 生理系 1995 修了
【出身大学】
豊橋技術科学大学  物質工学 1991 卒業
【取得学位】
博士(医学)
修士(工学)

職歴

生年月

1964年08月

所属学会

日本分子生物学会
日本生化学会

学内委員会委員等

○個人情報管理者 その他(2018-2018)
○個人情報管理者 その他(2017-2017)
○個人情報管理者 その他(2016-)
○個人情報管理者 その他(2015-)
○個人情報管理者 その他(2014-)
○個人情報管理者 その他(2013-)
○個人情報管理者 その他(2012-)
○個人情報管理者 その他(2011-)
○個人情報管理者 その他(2010-)
○設備共同利用推進運営委員会 委員(2016-2019)
○学際科学実験センター設備共同利用推進室運営委員会 委員(2012-)

受賞学術賞

○第17回日本生化学会北陸支部奨励賞(米山賞)(1999/05/22)
○第14回基礎医学医療研究助成金(1999/09/30)

専門分野

神経化学・神経薬理学

専門分野キーワード

神経伝達、神経変性、神経保護

研究課題

神経伝達の分子機構に関する研究

低周波交流磁界の生物的影響に関する研究

AGE受容体の選択的スプライシングによる制御機構

著書

  • 「分子糖尿病学」Advanced Glycation Endoproducts の血管新生活性について 医学図書出版 1997/11 原著書 共著 山岸 昌一、米倉秀人、山本 靖彦、藤森英希、勝野健次、佐藤文康、三田 泉、大岡久芳、里沢 昇、原田 真市、川上卓久、野村素弘、山本 博
  • 「分子糖尿病学」糖尿病?膵癌合併の分子メカニズム 医学図書出版 1997/11 原著書 共著 山本 靖彦、山岸 昌一、原田 真市、米倉秀人、山本 博
  • 生体と電磁界 学会出版センター 2003/02 原著書 共著 山田外史 山本博 細野隆次 原田真市

論文

  • A possible role of cytokines in the formation of peritoneal dissemination Yonemura, Y., Endou, Y., Nojima, N., Kawamura, T., Fujita, H., Kaji, M., Ajisaka, H., Bandou, E., Sasaki, T., Yamaguchi, T., Harada, S. and Yamamoto, H. International Journal of Oncology 11巻 349-358頁 1997 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Functional properties of the unc-64 gene encoding a Caenorhabditis elegans syntaxin Ogawa, H., Harada, S., Sassa, T., Yamamoto, H. and Hosono, R. J. Biol. Chem. 273巻 4号 2192-2198頁 1998/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Placenta growth factor (PlGF) mRNA expression in brain tumors Nomura, M., Yamagishi, S., Harada, S., Yamashima, T., Yamashita, J., Yamamoto, H. Journal of Neuro-oncology 40巻 2号 123-130頁 1998/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Regulation of the UNC-18-Caenorhabditis elegans Syntaxin Complex by UNC-13 Sassa,T., Harada,S., Ogawa,H., Rand,J.B., Maruyama,I.N. and Hosono,R. J. Neurosci. 19巻 12号 4772-4777頁 1999/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Antisense display - a method for functional gene screening: evaluation in a cell-free system and isolation of angiogenesis-related genes Yonekura,H., Migita,H., Sakurai,S., Harada,S., Yamagishi,S. and Yamamoto,H. Nucleic Acids Research 27巻 13号 2591-2600頁 1999/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Effects of high ELF magnetic fields on enzyme-catalyzed DNA and RNA synthesis in vitro and on a cell-free DNA mismatch repair Harada S, Yamada S, Kuramata O, Gunji Y, Kawasaki M, Miyakawa T, Yonekura H, Sakurai S, Bessho K, Hosono R, Yamamoto H. Bioelectromagnetics 22巻 4号 260-266頁 2001/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Exposure of Caenorhabditis elegans to extremely low frequency high magnetic fields induces stress responses Miyakawa T, Yamada S, Harada S, Ishimori T, Yamamoto H, Hosono R. Bioelectromagnetics 22巻 5号 333-339頁 2001/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 交流磁界曝露による線虫 C. elegans hsp-16遺伝子への影響 石森隆行、 宮川倫一、 原田真市、 細野隆次、 山田外史 日本応用磁気学会誌 25巻 4-2号 251159-251161頁 2001/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 肝阻血再灌流障害に対するischemic preconditioningによるNF-kBの活性化抑制 舟木 洋、清水康一、津山 博、二宮 致、伏田幸夫、谷 卓、三輪晃一、原田真市 日本消化器外科学会誌 34巻 8号 1372頁 2001/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Extended longevity of Caenorhabditis elegans by knocking in extra copies of hsp70F, a homolog of mot-2 (mortalin)/mthsp70/Grp75. FEBS LETTERS 516巻 1-3号 53-57頁 2002/10 査読有 原著論文
  • Expression of vascular endothelial growth factor D is associated with lymph node metastasis in human colorectal carcinoma. ONCOLOGY 64巻 416-422頁 2003 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Role of Caenorhabditis elegans protein phosphatase type 1, CeGLC-7 beta, in metaphase to anaphase transition during embryonic development. EXPERIMENTAL CELL RESEARCH 287巻 2号 350-360頁 2003/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Neuronal organization of the rat inferior colliculus participating in four major auditory pathways. HEARING RESEARCH 218巻 1-2号 72-80頁 2006/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chemoprevention of glandular stomach carcinogenesis through duodenogastric reflux in rats by a COX-2 inhibitor. INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER 123巻 7号 1491-1498頁 2008/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A selective cyclooxygenase-2 inhibitor prevents inflammation-related squamous cell carcinogenesis of the forestomach via duodenogastric reflux in rats. 8) Oba M, Miwa K, Fujimura T, Harada S, Sasaki S, Oyama K, Ohta T and Hattori T CANCER 115巻 2号 454-464頁 2009/01 査読有 原著論文
  • Effect of porto-systemic shunting on NOS expression after extended hepatectomy in rats. 9) Hayashi H, Shimizu K, Tani T, Takamura H, Takeshita M, Nakamura K, Ninomiya I, Fushida S, Harada S and Kayahara M HEPATOLOGY RESEARCH 39巻 1号 78-85頁 2009/01 査読有 原著論文
  • Local angiotensin II-generation in human gastric cancer: correlation with tumor progression through the activation of ERK1/2, NF-kappaB and survivin. INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY 34巻 6号 1573-1582頁 2009/06 査読有 原著論文
  • PSK enhances the efficacy of docetaxel in human gastric cancer cells through inhibition of nuclear factor-kappaB activation and survivin expression.  4) Kinoshita J, Fushida S, Harada S, Makino I, Nakamura K, Oyama K, Fujita H, Ninomiya I, Fujimura T, Kayahara M, Ohta T INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY 36巻 3号 593-600頁 2010/03 査読有 原著論文
  • Tumor-derived trypsin enhances proliferation of intrahepatic cholangiocarcinoma cells by activating protease-activated receptor-2. Nakanuma S, Tajima H, Okamoto K, Hayashi H, Nakagawara H, Onishi I, Takamura H, Kitagawa H, Fushida S, Tani T, Fujimura T, Kayahara M, Ohta T, Wakayama T, Iseki S, Harada S INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY 36巻 4号 793-800頁 2010/04 査読有 原著論文
  • Regulation of alternative splicing of the receptor for advanced glycation endproducts (RAGE) through G-rich cis-elements and heterogenous nuclear ribonucleoprotein H. 6) Ohe K, Watanabe T, Harada S, Munesue S, Yamamoto Y, Yonekura H, Yamamoto H JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 147巻 5号 651-659頁 2010/05 査読有 原著論文
  • Biodistribution of humanized anti-VEGF monoclonal antibody/bevacizumab on peritoneal metastatic models with subcutaneous xenograft of gastric cancer in mice. Yagi Y, Fushida S, Harada S, Tsukada T, Kinoshita J, Oyama K, Fujita H, Ninomiya I, Fujimura T, Kayahara M, Kinuya S, Yashiro M, Hirakawa K, Ohta T CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY 66巻 4号 745-753頁 2010/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of valproic acid on the cell cycle and apoptosis through acetylation of histone and tubulin in a scirrhous gastric cancer cell line. Yagi Y, Fushida S, Harada S, Kinoshita J, Makino I, Oyama K, Tajima H, Fujita H, Takamura H, Ninomiya I, Fujimura T, Ohta T, Yashiro M, Hirakawa K JOURNAL OF EXPERIMENTAL & CLINICAL CANCER RESEARCH 29巻 1号 149-159頁 2010/11 査読有 原著論文
  • Role of transcription factors in small intestinal ischemia-reperfusion injury and tolerance induced by ischemic preconditioning. 1) Takeshita M, Tani T, Harada S, Hayashi H, Itoh H, Tajima H, Ohnishi I, Takamura H, Fushida S, Kayahara M TRANSPLANTATION PROCEEDINGS 42巻 9号 3406-3413頁 2010/11 査読有 原著論文
  • Angiotensin II induces tumor progression and fibrosis in intrahepatic cholangiocarcinoma through an interaction with hepatic stellate cells. Okamoto K, Tajima H, Ohta T, Nakanuma S, Hayashi H, Nakagawara H, Onishi I, Takamura H, Ninomiya I, Kitagawa H, Fushida S, Tani T, Fujimura T, Kayahara M, Harada S, Wakayama T, Iseki S INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY 37巻 5号 1251-1259頁 2010/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Adiponectin receptor-1 expression is associated with good prognosis in gastric cancer. 柄田、原田他10名 JOURNAL OF EXPERIMENTAL & CLINICAL CANCER RESEARCH 11巻 30号 107-118頁 2011/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sodium valproate blocks the transforming growth factor (TGF)-β1 autocrine loop and attenuates the TGF-β1-induced collagen synthesis in a human hepatic stellate cell line. 渡辺、原田他13名 INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE 28巻 6号 919-925頁 2011/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Gene amplification of ESR1 in breast cancers - Fact or fiction? A fluorescence in situ hybridization and multiplex ligation-dependent probe amplification study. 大井 章史、原田 真市他7名 JOURNAL OF PATHOLOGY 227巻 1号 6-16頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Valproic acid, a histone deacetylase inhibitor, enhances radiosensitivity in esophageal squamous cell carcinoma. 庄司、原田他13名 INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY 40巻 6号 2140-2146頁 2012/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Angiotensin II enhances epithelial-to-mesenchymal transition through the interaction between activated hepatic stellate cells and the stromal cell-derived factor-1/CXCR4 axis in intrahepatic cholangiocarcinoma. INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY 41巻 2号 573-582頁 2012/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The role of human peritoneal mesothelial cells in the fibrosis and progression of gastric cancer. 柄田、原田他11名 INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY 41巻 2号 476-482頁 2012/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Low-dose paclitaxel modulates tumour fibrosis in gastric cancer. 柄田、原田他8名 INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY 42巻 4号 1167-1174頁 2013/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Validated Liquid Culture Monitoring System for Lifespan Extension of Caenorhabditis elegans through Genetic and Dietary Manipulations. Win MT, Yamamoto Y, Munesue S, Han D, Harada S, Yamamoto H. Aging and Disease 4巻 4号 178-185頁 2013/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Advantages of the rapid double-staining method for intraoperative detection of micrometastasis in sentinel lymph nodes. 尾島、原田他10名 ONCOLOGY REPORTS 30巻 3号 1067-1072頁 2013/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 大井 章史、井口 雅史、原田 真市、鈴木 潮人、土橋 洋.HSR-like FISH signals of ESR1 in breast carcinomas do not reflect the gene amplification but correlate with the high gene expression status.第70回日本癌学会総会発表 2011年10月4日 名古屋(日本癌学会誌、P-141, 2011)(2011)
  • Miyat Thu Thu Win, Yasuhiko Yamamoto, Shinichi Harada, Seiichi Munesue, Hiroshi Yamamoto. Optimizing a liquid culuture system for monitoring lifespan by diet manipulations in Caenorhabditis elegans.第85回日本生化学会大会16.Dec.2012(2012)
  • Fushida S, Kinoshita J, Harada S, Fujita H, Ninomiya I, Fujimura T, Ohta T: Feasibility and efficacy of preoperative chemotherapy with docetaxel, cisplatin and S-a for the patients with para-aortic lymph nides involvement. The 43rd World Congress of the International Society of Surgery(ISS)(2009.09.06~09.10 Adelade Australia)(2009)
  • Kinoshita J, Fushida S, Harada S: The local angiotensinⅡ-generation in human gastric cancer tissues,and a possibility of angiotensinⅡblockade theray for gastric cancer. The 43rd World Congress of the International Society of Surgery(ISS)(2009.09.06~09.10 Adelade Australia) (2009)
  • Fushida S, Tsukada T, Kinoshita J, Oyama K, Ninomiya I, Fujimura T, Harada S, Ohta T: prognostic significance of expression of adipocyte-derived cytokine receptors adipor1(adiponectin receptor 1) and OB-R(leptin receptor) in Gastric cancer 18th United European Gastroenterology Week(2010.10.23~10.27 Barcelona.Spain) (2010)

全て表示

  • 岡本浩一,田島秀浩,太田哲生,中沼伸一,林 泰寛,中川原寿俊,大西一朗,高村博之,北川裕久,伏田幸夫,谷 卓,藤村 隆,萱原正都,若山友彦,原田真市 胆管細胞癌の浸潤・転移・繊維化におけるレニン・アンギオテンシン系非依存性アンギオテンシンⅡ産生系の役割:Epithelial-to-mesenchymal transition(EMT)との関与(シンポジウム) 第31回癌免疫外科研究会(2010.05.20~05.21 大阪) (2010)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○奨励研究(A)(1968-2001)「シナプス終末で働く遺伝子群の共役的発現制御機構の解明」(1998-) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「シナプス終末で働く遺伝子群の共役的発現制御機構の解明」(1999-) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「sec遺伝子による新たなシナプス伝達制御機構の解明」(2000-) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「sec遺伝子による新たなシナプス伝達制御機構の解明」(2001-) 代表者
○若手研究(B)「Exocyst複合体を介した新たなシナプス伝達制御機構の解明」(2003-) 代表者
○萌芽的研究(1996-2001)「生体内特定活動ニューロンをモニターするベクター系の開発」(1999-) 分担者
○若手研究(B)「Exocyst複合体を介した新たなシナプス伝達制御機構の解明」(2002-) 代表者
○基盤研究(C)「胃癌腹膜転移における診断法の開発とアンギオテンシン系を介した線維化機構とその制御」(2005-) 分担者
○基盤研究(C)「神経系における低周波交流磁界刺激感受メカニズムの解明」(2005-) 代表者
○基盤研究(C)「胃癌腹膜転移における診断法の開発とアンギオテンシン系を介した線維化機構とその制御」(2006-) 分担者
○基盤研究(C)「神経系における低周波交流磁界刺激感受メカニズムの解明」(2006-) 代表者
○基盤研究(C)「胃癌腹膜播種におけるTGFβおよびアンギオテンシン系を介した分子標的治療の開発」(2007-2008) 分担者
○基盤研究(B)「マイクロ駆動機構を持つ針状磁気抵抗効果プローブによる低侵襲・非破壊計測の開発」(2010-2013) 分担者
○基盤研究(C)「腹膜播種発生に関わる腹膜中皮細胞の間葉系形質転換と造腫瘍性についての実験的検討」(2010-2013) 分担者

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○石川県立総合看護専門学校(2018-) 生化学講義
○石川県立総合看護専門学校(2017-) 生化学講義
○石川県立総合看護専門学校(2016-) 生化学講義
○石川県立総合看護専門学校(2015-) 生化学講義
○石川県立総合看護専門学校(2014-) 生化学講義
○石川県立総合看護専門学校(2013-) 生化学講義
○石川県立総合看護専門学校(2012-) 生化学講義
○石川県立総合看護専門学校(2011-) 生化学講義
○石川県立総合看護専門学校(2010-) 生化学講義
○石川県立総合看護専門学校(2009-) 生化学講義

このページの先頭へ