本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

井改 知幸 (いかい ともゆき) 准教授 IKAI Tomoyuki

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系 理工研究域 物質化学系 応用化学コース
准教授

教育分野

【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻

所属研究室等

高分子合成研究室 TEL:076-234-4781

学歴

【出身大学院】
名古屋大学大学院 博士課程 化学・生物工学専攻 2008/03 修了
名古屋大学大学院  修士課程 応用化学専攻 2005/03 修了
【出身大学】
名古屋大学 工学部 化学・生物工学科 2003/03 卒業

職歴

金沢大学 理工研究域 物質化学系 准教授(2014/07/01-)
金沢大学 理工研究域 物質化学系 助教(2009/04/01-2014/06/30)
名古屋大学 エコトピア科学研究所 助教(2008/04/01-2009/03/31)

生年月

1980年11月

所属学会

学内委員会委員等

○図書委員 委員(2010-2011)

受賞学術賞

○第2回輝く金沢大学フォトコンテスト Acanthus 広報室長賞 (2015/04)
○平成27年度高分子研究奨励賞受賞(2016/05)
○Polymer Journal論文賞-日本ゼオン賞 (2016/05)
○第25回日本MRS年次大会奨励賞受賞(2015/01)
○平成27年度「秀でた6大利用成果」最優秀賞(2016/03)
○第1回若手研究者奨励賞(2015/12)
○第94春季年会 優秀講演賞(学術)(2014/04)

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

高選択かつ高効率な新規高分子不斉触媒および実用的光学異性体分離材料の開発

高選択かつ高効率な新規高分子不斉触媒および実用的光学異性体分離材料の開発 新医薬品等の開発における光学活性化合物の重要性は,近年,急速に増大しており,光学活性化合物の選択的,効率的な取得や光学異性体の迅速かつ簡便な分離・分析法の開発を目指して,不斉合成や不斉認識の研究が活発に行われている。本研究では,らせん構造を有する高分子を巧みに利用した不斉触媒や光学異性体分離材料などの開発を行っている。

多糖を基本骨格にもつ特殊構造高分子の合成と応用

高分子の性質は分子量や立体構造などの一次構造に大きく依存し,それらを制御することは高分子材料設計において非常に重要である。本研究では,多糖を基本骨格にもつグラフト共重合体,デンドリティック高分子,ポリロタキサンなどの特殊構造高分子を合成し,その構造特性を活かした新規機能性材料への応用を目指している。

著書

  • Preparation and Chiral Recognition of Polysaccharide-Based Selectors Springer-Verlag Berlin Heidelberg  Chiral Recognition in Separation Methods 2010/05 原著書 共著 井改知幸、岡本佳男 978-3-642-12444-0

論文

  • Macromolecular Helicity Induction and Memory in a Poly(biphenylylacetylene) Bearing an Ester Group and Its Application to a Chiral Stationary Phase for High-performance Liquid Chromatography Ryoma Ishidate, Kouhei Shimomura, Tomoyuki Ikai, Shigeyoshi Kanoh, Katsuhiro Maeda Chemistry Letters 44巻 7号 946-948頁 2015/04 査読有 原著論文
  • Synthesis of polyisocyanides bearing oligothiophene pendants: higher-order structural control through pendant framework design Tomoyuki Ikai, Yugaku Takagi, Ken-ichi Shinohara, Katsuhiro Maeda, Shigeyoshi Kanoh Polymer Journal 47巻 9号 625-630頁 2015/05 査読有 原著論文
  • Switchable enantioseparation based on macromolecular memory of a helical polyacetylene in the solid state Kouhei Shimomura, Tomoyuki Ikai, Shigeyoshi Kanoh, Eiji Yashima, Katsuhiro Maeda Nature Chemistry 6巻 5号 429-434頁 2014/04 査読有 原著論文
  • Influence of 4-fluorophenyl pendants in thieno 3,4-b thiophene-benzo 1,2-b:4,5-b dithiophene-based polymers on the performance of photovoltaics Tomoyuki Yamamoto, Tomoyuki Ikai, Shinji Katori, Takayuki Kuwabara, Katsuhiro Maeda, Tomoyuki Koganezawa, Kohshin Takahashi, Shigeyoshi Kanoh Journal of Polymer Science Part a-Polymer Chemistry 53巻 13号 1586-1593頁 2015/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chiral fluorescent sensors based on cellulose derivatives bearing terthienyl pendants Tomoyuki Ikai, Daisuke Suzuki, Yutaka Kojima, Changsik Yun, Katsuhiro Maeda, Shigeyoshi Kanoh Polymer Chemistry 7巻 29号 4793-4801頁 2016/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Efficient and rapid direct transesterification reactions of cellulose with isopropenyl acetate in ionic liquids Ryohei Kakuchia, Makoto Yamaguchi, Takatsugu Endo, Yoshiki Shibata, Kazuaki Ninomiya, Tomoyuki Ikai, Katsuhiro Maeda, Kenji Takahashia RSC Advances 5巻 88号 72071-72074頁 2015/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Helical polymer brushes with a preferred-handed helix-sense triggered by a terminal optically active group in the pendant Katsuhiro Maeda, Shiho Wakasone, Kouhei Shimomura, Tomoyuki Ikai, Shigeyoshi Kanoh Chemical Communications 48巻 27号 3342-3344頁 2012/02 査読有 原著論文
  • Synthesis and application of immobilized polysaccharide-based chiral stationary phases for enantioseparation by high-performance liquid chromatography Jun Shen, Tomoyuki Ikai, Yoshio Okamoto Journal of Chromatography A 1363巻 51-61頁 2014/01/01 査読有 原著論文 
  • Chiral amplification in polymer brushes consisting of dynamic helical polymer chains through the long-range communication of stereochemical Information Katsuhiro Maeda, Shiho Wakasone, Kouhei Shimomura, Tomoyuki Ikai, Shigeyoshi Kanoh Macromolecules 47巻 19号 6540-6546頁 2014/10/14 査読有 原著論文 
  • Thieno[3,4-b]thiophene-benzo[1,2-b:4,5-b']dithiophene-based polymers bearing optically pure 2-ethylhexyl pendants: Synthesis and application in polymer solar cells Tomoyuki Ikai, Ryotaro Kojima, Sinji Katori, Tomoyuki Yamamoto, Takayuki Kuwabara, Katsuhiro Maeda, Kohshin Takahashi, Shigeyoshi Kanoh POLYMER 56巻 171-177頁 2015/01/01 査読有 原著論文 
  • Synthesis and Characterization of Thieno[3,4-b]thiophene-Based Copolymers Bearing 4-Substituted Phenyl Ester Pendants: Facile Fine-Tuning of HOMO Energy Levels 44巻 6659-6662頁 2011/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of Polysaccharide Derivatives Bearing Pyridine N-Oxide Groups and Their Use as Asymmetric Organocatalysts 71巻 1055-1058頁 2011/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and Chiral Recognition Ability of a Poly(phenylenevinylene)-Encapsulated Amylose Derivative 84巻 741-747頁 2011/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Immobilization of 3,5-Dimethylphenylcarbamates of Cellulose and Amylose onto Silica Gel Using (3-Glycidoxypropyl)triethoxysilane as Linker 33巻 1255-1263頁 2010/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and Chiral Recognition of Novel Amylose Derivatives Containing Regioselectively Benzoate and Phenylcarbamate Groups 1217巻 1041-1047頁 2010/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Immobilization and Chiral Recognition of 3,5-Dimethylphenylcarbamates of Cellulose and Amylose Bearing 4-(Trimethoxysilyl)phenylcarbamate Groups 22巻 165-172頁 2010/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and Immobilization of Amylose Derivatives Bearing a 4-tert-Butylbenzoate Group at the 2-Position and 3,5-Dichlorophenylcarbamate/3-(Triethoxysilyl)propylcarbamate Groups at 3- and 6-Positions as Chiral Packing Material for HPLC 39巻 442-444頁 2010/05 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Enantioseparation Using Amylose Esters as Chiral Stationary Phases for High-Performance Liquid Chromatography 42巻 31-36頁 2010/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Structure Control of Polysaccharide Derivatives for Efficient Separation of Enantiomers by Chromatography 109巻 6077-6101頁 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation and HPLC Application of Chiral Stationary Phase from 4-tert-Butylphenylcarbamates of Cellulose and Amylose Immobilized onto Silica Gel 32巻 2885-2891頁 2009/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Chiral recognition ability of cellulose derivatives bearing pyridyl and bipyridyl residues as chiral stationary phases for high-performance liquid chromatography 43巻 84-90頁 2011/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Synthesis of π-Conjugated Polymers Containing Glucose-Linked Biphenyl Units and Their Chiroptical Properties (会議名:(International Symposium on Polymer Materials 2015 in Harbin)(2015/07)
  • Synthesis of the Benzo[1,2-b:4,5-b']dithiophene- Based π-Conjugated Polymers Bearing Optically Active Alkoxy Pendants (会議名:The 4th International Symposium on Organic and Inorganic Electronic Materials and Related Nanotechnologies)(2013/06)
  • Synthesis of the Benzo[1,2-b:4,5-b’]dithiophene- Based π-Conjugated Polymers Bearing Optically Active Pendants and Their Hole-Transport Property (会議名:The 25th International Symposium on Chirality)(2013/07/09)
  • Helicity Induction in Poly(biphenylylacetylene)s and Their Application to Chiral Stationary Phases for HPLC(会議名:The 3rd International Symposium on Chirality)(2013/07/12)
  • Synthesis of Polyisocyanides Bearing Oligothiophene Pendants: Higher-Order Structural Control through Pendant Framework Design(会議名:第65回高分子学会年次大会)(2016/05/26)

全て表示

  • 第58回 高分子討論会 (熊本) 位置特異的に置換した新規アミロース誘導体の合成と光学分割能 2009年9月(2009)
  • The 1st Federation of Asian Polymer Societies (名古屋) Immobilization and Chiral Recognition of Polysaccharide 3,5-Dimethylphenylcarbamates Bearing Alkoxysilyl Groups 2009年10月(2008)

芸術・フィールドワーク

特許

○多糖誘導体、及びその蛍光性キラルセンサーとしての用途(公開年月:2016/12/01)
○比色検出型キラルセンサー(公開年月:2016/09/01)(出願国名:日本)(特許番号:P150012209)
○固体状態で不斉選択性の切り替えが可能な光学異性体分離剤(公開年月:2016/08/08)
○不斉選択性の切り替えが可能なクロマトグラフィー用充填剤(公開年月:2016/01/07)

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「ビフェニル基含有らせん高分子を用いた不斉選択性の反転が可能なキラル固定相の創製」(2012-2013) 代表者
○若手研究(B)「多糖の構造特性を活かした蛍光キラリティーセンサーの創製」(2009-2010) 代表者

学域・学類担当授業科目

○有機構造解析(2017)
○応用化学実験Ⅴ(2017)
○課題探究ゼミナールⅠ(2017)
○応用化学基礎実験(2017)
○応用化学実験Ⅴ(2017)
○課題探究ゼミナールⅠ(2016)
○応用化学実験Ⅴ(2016)
○有機構造解析(2016)
○応用化学実験Ⅴ(2016)
○有機構造解析(2015)
○応用化学実験Ⅴ(2015)
○応用化学実験Ⅴ(2015)
○課題探究ゼミナールⅠ(2015)
○応用化学実験Ⅴ(2014)
○応用化学実験Ⅴ(2014)

大学院担当授業科目

○天然高分子応用化学(2017)
○精密高分子合成化学(2017)
○天然高分子応用化学(2017)
○マテリアルプログラム序論(2017)
○高分子材料合成化学(2017)
○バイオリファイナリー特論(2017)
○天然高分子応用化学(2017)
○天然高分子応用化学(2017)
○バイオリファイナリー特論(2016)
○天然高分子応用化学(2016)
○高分子材料合成化学(2016)
○精密高分子合成化学(2016)
○マテリアルプログラム序論(2016)
○バイオリファイナリー特論(2015)
○天然高分子応用化学(2015)
○精密高分子合成化学(2015)
○マテリアルプログラム序論(2015)
○高分子材料合成化学(2015)
○天然高分子応用化学(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○金沢大学オープンキャンパス(2013-2013) 1. ナイロンを作ってノーベル賞を受賞しよう! (展示・演示説明,体験実験)  ノーベル化学賞を受賞された野依良治先生は、中学生の時、石炭と水と空気から「ナイロン」ができることを知り、自分も新しいものを作って社会に貢献しようと、化学を志すようになったといいます。みなさんもナイロンを合成して化学への興味を抱き、将来ノーベル賞を受賞しましょう!

このページの先頭へ