本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2021年04月01日

神谷 嘉美 (かみや よしみ) 助教 KAMIYA, Yoshimi

メール

所属組織・役職等

人間社会研究域 歴史言語文化学系

教育分野

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
明治大学 理工学研究科  博士課程 応用化学専攻 修了
東京藝術大学 美術研究科 修士課程 文化財保存学専攻  修了
【出身大学】
高岡短期大学   専攻科 産業造形学科(漆工) 卒業
高岡短期大学   産業工芸学科 漆工芸専攻 卒業
【取得学位】
博士(学術)
修士(文化財)

職歴

明治大学 特定課題研究ユニット バイオ資源化学研究所  研究員
明治大学 理工学研究科 専任助手
明治大学 日本学術振興会特別研究員(DC2)
東京都立産業技術研究センター 開発本部開発第1部 デザイングループ 研究員
東京都立産業技術研究センター 開発本部開発第2部 表面技術グループ 研究員
明治大学 非常勤講師
東京都立産業技術研究センター 多摩テクノプラザ 繊維・化学グループ 副主任研究員
明治大学 研究・知財戦略機構 客員研究員
東京都立産業技術研究センター 多摩テクノプラザ 複合素材開発セクター 副主任研究員
東京都立産業技術研究センター 開発本部開発第3部 生活技術開発セクター 副主任研究員

生年月

所属学会

文化財保存修復学会
日本文化財科学会
高分子分析研究懇談会
マテリアルライフ学会
漆工史学会
日本文化財漆協会
漆を科学する会
文化財保存支援機構

学内委員会委員等

受賞学術賞

○高分子分析討論会 第11回大会 ポスター賞 (2006/10/26)
○日本文化財科学会 第24回大会 第1回ポスター発表賞 (2007/06/02)
○高分子分析討論会 第12回大会 ポスター賞 (2007/11/07)
○文化財保存修復学会 第4回 奨励賞   (2010/06/13)
○International Conference on Polymer Analysis and Characterization & 15th Symposium on Polymer Analysis in Japan Presentation Award(2010/12/10)
○明治大学創立130周年記念懸賞論文(学際領域系) 最優秀賞 (2012/01/14)
○高分子分析討論会 第19回大会 ポスター賞 (2015/10/27)
○高分子分析討論会 第20回大会 ポスター賞 (共同発表者として受賞)(2016/10/16)

専門分野

文化財学、漆芸、ものづくり

専門分野キーワード

漆工品、文化財保存、文化財分析、紫外線劣化(耐久性)、伝統工芸材料

研究課題

著書

論文

講演・口頭発表等

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(A)「保存処理材料が共存する有機文化財の後世調査に対する微量分析システムの構築」(2017-2021) 代表者
○新学術領域研究(研究領域提案型)「中国の新石器時代に出土した漆遺物を対象とする自然科学的検討と工芸技術史の融合」(2016-2017) 代表者
○基盤研究(B)「断面分析試料からの極微量試料の採取とその化学分析手法の開発」(2014-2018) 分担者
○基盤研究(B)「微小な剥落片のクロスセクションを利用したトータル分析システムの構築」(2013-2017) 代表者
○若手研究(A)「黒色漆塗膜の変色メカニズムの解明と強化法確立のための基礎的調査研究」(2010-2013) 代表者
○特別研究員奨励費「漆塗膜の劣化現象に対する科学的解明および漆工品修理に関する保存科学的調査研究」(2008-2009) 代表者
○若手研究(B)「漆塗膜の劣化現象における科学的解明と漆工品修理技術の総合評価」(2007-2008) 代表者

競争的資金・寄付金等

○助成金 (2009-2009) 研究 熱分解を利用した各種漆塗膜の成分の検討 京都市・山本文二郎漆科学研究助成金
○助成金 (2007-2007) 研究 西欧における漆工品の劣化と保存に関する研究 明治大学新領域創成型研究・若手研究助成
○助成金 (2005-2005) 研究 劣化塗膜の強化手法についての検討および劣化塗膜の解析 京都市・山本文二郎漆科学研究助成金

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○博物館資料保存論(2018)
○博物館資料保存論(2018)
○博物館資料保存論(2018)
○フィールド文化学概説(2018)
○博物館資料保存論(2018)
○文化遺産学概説(2018)
○博物館資料保存論(2018)
○文化遺産学概説B(2018)
○博物館資料保存論(2018)
○フィールド文化学概説B(2018)
○博物館資料保存論(2018)
○フィールド文化学概説A (2018)
○博物館資料保存論(2018)
○物質文化論(2018)
○文化遺産学概説(2017)
○文化遺産学概説A (2017)
○文化遺産学概説B(2017)
○物質文化論(2017)
○博物館資料保存論(2017)

大学院担当授業科目

○文化資源学概論(2018)
○Introduction to Cultural Resource Studies 2(2018)
○文化資源学概論(2018)

他大学の客員教授

○明治大学 研究・知財戦略機構

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ