本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年04月09日

佐藤 丈寛 (さとう たけひろ) 助教 Takehiro Sato

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系 革新ゲノム情報学分野

教育分野

所属研究室等

革新ゲノム情報学分野

学歴

【出身大学院】
北海道大学 博士課程 自然史科学専攻 修了
【取得学位】
博士(理学)

職歴

琉球大学 大学院医学研究科 日本学術振興会特別研究員(2013/04/01-2015/08/15)
琉球大学 大学院医学研究科 助教(2011/10/01-2013/03/31)
琉球大学 亜熱帯島嶼科学超域研究推進機構 ポスドク研究員(2011/04/01-2011/09/30)

生年月

所属学会

日本人類遺伝学会
日本人類学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○若手会員大会発表賞(2012/11/03)
○Anthropological Sciecne 論文奨励賞(2010/10/04)

専門分野

分子人類学

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

  • The prehistoric peopling of Southeast Asia Science 361巻 6397号 88-92頁 2018 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • A new targeted capture method using bacterial artificial chromosome (BAC) libraries as baits for sequencing relatively large genes Kae Koganebuchi, Takashi Gakuhari, Hirohiko Takeshima, Kimitoshi Sato, Kiyotaka Fujii, Toshihiro Kumabe, Satoshi Kasagi, Takehiro Sato, Atsushi Tajima, Hiroki Shibata, Motoyuki Ogawa, Hiroki Oota PLoS ONE 13巻 7号 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genome-wide association study identifies ERBB4 on 2q34 as a novel locus associated with sperm motility in Japanese men Journal of Medical Genetics 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • An Okhotsk adult female human skeleton (11th/12th century AD) with possibile SAPHO syndrome from Hamanaka 2 site, Rebun Island, northern Japan. Anthropological Science 124巻 2号 107-115頁 2016 査読有 原著論文
  • A comparative study of craniofacial measurements between Ryukyuan and mainland Japanese females using lateral cephalometric images Anthropological Science 124巻 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Degenerative changes in the appendicular joints of ancient human populations from the Japan Islands Quaternary International  405巻 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Model-Based Verification of Hypotheses on the Origin of Modern Japanese Revisited by Bayesian Inference Based on Genome-Wide SNP Data Molecular Biology and Evolution 32巻 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genome-Wide SNP Analysis Reveals Population Structure and Demographic History of the Ryukyu Islanders in the Southern Part of the Japanese Archipelago Molecular Biology and Evolution 31巻 2929-2940頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Association of melanocortin 1 receptor gene (MC1R) polymorphisms with skin reflectance and freckles in Japanese Journal of Human Genetics 57巻 700-708頁 2012 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genetic features of ancient West Siberian people of the Middle Ages, revealed by mitochondrial DNA haplogroup analysis Journal of Human Genetics 56巻 602-608頁 2011 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Genotype frequencies of the ABCC11 gene in 2000–3000-year-old human bones from the Epi-Jomon and Jomon sites in Hokkaido, Japan Anthropological Science 119巻 81-86頁 2011 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Polymorphisms and allele frequencies of the ABO blood group gene among the Jomon, Epi-Jomon and Okhotsk people in Hokkaido, northern Japan, revealed by ancient DNA analysis Journal of Human Genetics 55巻 6910696頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Allele frequencies of the ABCC11 gene for earwax phenotypes among ancient populations of Hokkaido, Japan Journal of Human Genetics 54巻 409-413頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mitochondrial DNA haplogrouping of the Okhotsk people based on analysis of ancient DNA: an intermediate of gene flow from the continental Sakhalin people to the Ainu Anthropological Science 117巻 171-180頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bird and mammal specimens in the Swedish Museum of Natural History originating from Hokkaido University : Bergman's collection and a specimen gifted from Professor Saburo Hatta Bulletin of Botanic Garden Hokkaido University  2008 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Origins and genetic features of the Okhotsk people, revealed by ancient DNA analysis Journal of Human Genetics 52巻 618-627頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 古代ゲノム解析への応用に向けたBACダブルキャプチャー法の検討(会議名:第71回日本人類学会大会)(2017/11/03)
  • 樺太先住民ニブフ民族の全ゲノムSNPアレイ解析から明らかになった北東アジアの歴史(会議名:第71回日本人類学会大会)(2017/11/03)
  • 縄文時代人の核ゲノム分析による系統と地域差の検証(会議名:第71回日本人類学会大会)(2017/11/03)
  • Ancient human genome sequence from a prehistoric Okhotsk individual(会議名:Workshop Human evolution in eurasia elucidated through Genetics, Archeology, and Linguistics)(2017/03/15)
  • 北海道礼文島浜中2遺跡出土オホーツク文化人骨のゲノム解析(会議名:第70回日本人類学会大会)(2016/10/08)

全て表示

  • FST-QST解析による琉球―本土間三次元顔面形態の中立性検定(会議名:第70回日本人類学会大会)(2016/10/08)
  • 愛知県渥美半島・伊川津貝塚遺跡出土縄文人骨のゲノム解析(予報)(会議名:第70回日本人類学会大会)(2016/10/08)
  • 古代ゲノム解析への応用に向けたBACダブル・キャプチャー法の開発(会議名:第70回日本人類学会大会)(2016/10/08)
  • Whole genome analysis of the Jomon remain reveals deep lineage of East Eurasian populations(会議名:SMBE2018)(2018/07/11)
  • Complex human histories of Northeast Asia revealed by correlations between genes, language, and music(会議名:SMBE2018)(2018/07/11)
  • Human population history in the southwestern coastal region of the Sea of Okhotsk, inferred from ancient genome analysis(会議名:SMBE2018)(2018/07/11)
  • 古代ゲノム解析から推定される環オホーツク海地域の集団史(会議名:日本人類遺伝学会第63回大会)(2018/10/10)
  • Identification of genetic loci related to circulating reproductive hormone levels by GWAS in Japanese men(会議名:American Society of Human Genetics 2018 Annual Meeting)(2018/10/18)
  • ゲノム解析から推定される オホーツク人集団の形成過程(会議名:第72回日本人類学会大会)(2018/10/21)
  • 古代ゲノム解析から推定される北アジアの人類集団史(会議名:日本人類遺伝学会第62回大会)(2017/11/15)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○遺伝学(2017)
○遺伝学(2017)

大学院担当授業科目

○バイオインフォマティクス(2017)
○革新ゲノム情報学特論(2017)
○革新ゲノム情報学特論(2017)
○バイオインフォマティクス(2016)
○革新ゲノム情報学特論(2016)
○革新ゲノム情報学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ