本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2022年04月06日

吉村 晋平 (よしむら しんぺい) 准教授 YOSHIMURA, Shimpei

所属組織・役職等

人間社会研究域 人間科学系

教育分野

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
広島大学大学院 修士課程 教育学研究科 心理学専攻 2006 修了
広島大学大学院 博士課程 大学院医歯薬学総合研究科 2010 修了
【取得学位】
修士(心理学)
博士(医学)

職歴

日本学術振興会 特別研究員(PD)(2011/04/01-2012/09/30)
広島大学 医歯薬保健学研究院 特任助教(2012/10/01-2013/03/31)
追手門学院大学 心理学部 講師(2013/04/01-2017/03/31)
追手門学院大学 心理学部 准教授(2017/04/01-2020/03/31)

生年月

所属学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

臨床心理学

専門分野キーワード

認知行動療法、神経科学、異常心理学、感情障害、感情制御

研究課題

著書

  • さあ!やってみよう集団認知行動療法 医学映像教育センター 2011/06 原著書 共著 松永美希・岡本泰昌・鈴木伸一・吉村晋平・国里愛彦・山脇成人
  • うつ病の集団認知行動療法実践マニュアル―再発予防や復職支援に向けて(鈴木伸一・岡本 泰昌・松永美希 編) 日本評論社 2011/06 原著書 共著 松永美希・吉村晋平・国里愛彦・鈴木伸一
  • 精神医学キーワード辞典(松下正明 総編集) 中山書店 2011/07 原著書 共著 吉村晋平・岡本泰昌

論文

  • 抑うつと感情一致効果に関する研究 吉村晋平・荒木友希子・松川順子・鈴木伸一 広島大学心理臨床教育研究センター紀要 3巻 40-49頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • アスペルガー障害の児童に対するコミュニケーション行動形成を目的としたトークンエコノミー法 広島大学大学院教育学研究科付属心理臨床教育研究センター事例研究報告書 5巻 2006 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Anterior cingulate cortex modulates preparatory activation during certain anticipation of negative picture. Onoda K, Okamoto Y, Toki S, Ueda K, Shishida K, Kinoshita A, Yoshimura S, Yamashita H, Yamawaki S Neuropsychologia 46巻 1号 102-110頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Self-referential processing within the ventral anterior cingulate gyrus and right amygdala. Yoshimura S, Ueda K, Shin-ichi S, Onoda K, Okamoto Y, Yamawaki S. Brain & Cognition 69巻 1号 218-225頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Rostral anterior cingulate cortex activity mediates the relationship between the depressive symptoms and the medial prefrontal cortex activity. Yoshimura S, Okamoto Y, Onoda K, Matsunaga, M, Ueda K, Suzuki S, Yamawaki S. Journal of Affective Disorders 122巻 1号 76-85頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Psychosocial functioning in patients with treatment- resistant depression after group cognitive behavioral therapy. Matsunaga M, Okamoto Y, Suzuki, S, Kinoshita A, Yoshimura S, Yoshino A, Kunisato Y, Yamawaki S. BMC Psychiatry  10巻 22号 22頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sadness enhances the experience of pain via neural activation in the anterior cingulate cortex and amygdala: An fMRI study Yoshino A, Okamoto Y, Onoda K, Yoshimura S, Kunisato Y, Demoto Y, Okada G, Yamawaki S. Neuroimage 50巻 3号 1194-1201頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Does low self-esteem enhance social pain? The relationship between trait self-esteem and anterior cingulate cortex activation induced by ostracism. Onoda K, Okamoto Y, Nakashima K, Nittono H, Yoshimura S, Yamawaki S, Yamaguchi S, Ura M. Social Cognitive and Affective Neuroscience 5巻 4号 385-391頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The effect of negative and positive emotionality on associative memory: An fMRI study Okada G, Okamoto Y, Kunisato Y, Aoyama S, Nishiyama Y, Yoshimura S, Onoda K, Toki S, Yamashita H, Yamawaki S. PLoS One 6巻 9号 e24862頁 2011 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sadness enhances the experience of pain and affects pain-evoked cortical activities: an MEG study. Yoshino A, Okamoto Y, Onoda K, Shishida K, Yoshimura S, Kunisato Y, Demoto Y, Okada G, Toki S, Yamashita H, Yamawakai S. Journal of Pain 13巻 7号 628-635頁 2012 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sex differences in
neural activation to ambiguous facial
expression in happy and
sad context.  Kinoshita A, Okamoto Y, Okada G, Demoto Y, Kunisato Y, Yoshimura S, Onoda K, Kamachi M, Yamawaki S. Perceptual and
motor skills, 115巻 2号 349-359頁 2012 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of depression on reward-based decision making and variability of action in probabilistic learning.  Kunisato Y, Okamoto Y, Ueda K, Onoda K, Okada G, Yoshimura S, Suzuki S, Samejima K, Yamawaki S.  Journal of Behavior Therapy and Experimental Psychiatry 43巻 4号 1088-1094頁 2012 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The neurocognitive effects of aripiprazole compared with
risperidone in the treatment of schizophrenia. Sato G, Yoshimura S, Yamashita H,
Okamoto Y, Yamawaki S. Hiroshima journal
of medical
sciences 61巻 4号 75-83頁 2012 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cognitive behavioral therapy for depression changes medial
prefrontal and ventral anterior cingulate
cortex activity
associated with self-referential processing. Yoshimura S, Okamoto Y, Onoda K,
Matsunaga M, Okada G, Kunisato Y,
Yoshino A, Ueda K, Suzuki SI,
Yamawaki S. Social Cognitive and Affective Neuroscience 9巻 4号 487-493頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Degree of Early Life Stress Predicts
Decreased Medial Prefrontal Activations and the Shift from
Internally to Externally Guided Decision Making:
An Exploratory NIRS
Study during Resting
State and Self-Oriented Task. Nakao T, Matsumoto M,Morita M,
Shimizu D,Yoshimura S,Northoff G,
Morinobu S,Okamoto Y,Yamawaki S. Frontiers in Human Neuroscience 7巻 339号 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Distinctive neural responses to pain
stimuli during induced sadness in patients with somatoform pain disorder: An fMRI study. Yoshino A, Okamoto Y,Yoshimura S,
Shishida K,Toki S, Doi M, Machino
A,Fukumoto T, Yamashita H, Yamawaki S. NeuroImage:
Clinical 2巻 782-789頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Resting state low-frequency
fluctuations in
prefrontal cortex
reflect degrees of harm avoidance and novelty seeking: an exploratory
NIRS study. Nakao T, Matsumoto M,Morita M,
Shimizu D,Yoshimura S,Northoff G,
Morinobu S,Okamoto Y,Yamawaki S. Frontiers in System Neuroscience 7巻 115号 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hippocampal activation during associative encoding of word pairs and its relation to symptomatic improvement in depression: A functional and volumetric MRI study. Toki S, Okamoto Y, Onoda K,
Matsumoto T, Yoshimura S, Kunisato
Y, Okada G, Shishida K, Kobayakawa
M, Fukumoto T, Machino A, Inagaki M,
Yamawaki S.  Journal of Affective Disorders 152巻 462-467頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Visual imagery while reading concrete and abstract Japanese kanji words: An fMRI study. Hayashi A, Okamoto Y, Yoshimura S,
Yoshino A, Toki A, Yamashita H,
Matsuda F, Yamawaki S. Neuroscience Research 79巻 61-66頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Distinctive spontaneous regional neural activity in patients with somatoform pain disorder: A preliminary resting-state fMRI study. Yoshino A,Okamoto Y,Kunisato Y,
Yoshimura S,Jinnin R,Hayashi Y,
Kobayakawa M,Doi M,Oshita K,Nakamura
R,Tanaka K,Yamashita H,Kawamoto N,
Yamawaki S. Psychiatry Research: Neuroimaging 221巻 3号 246-248頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Possible involvement of rumination in gray
matter abnormalities in persistent symptoms of
major depression: An exploratory magnetic resonance imaging voxel-based morphometry study. Machino A, Kunisato Y,Matsumoto T,Yoshimura S,Ueda K,Yamawaki Y, Okada G, Okamoto Y, Yamawaki S. Journal of Affective Disorders 168巻 229-235頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Neural Basis of Anticipatory Anxiety Reappraisals. Yoshimura S,Okamoto Y,Yoshino A,Kobayakawa M,Machino A,& Yamawaki S. PLoS One 9巻 7号 e102836頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The dorsolateral prefrontal network is involved in pain
perception in knee osteoarthritis patients. Hiramatsu T, Nakanishi K, Yoshimura S, Yoshino A, Adachi N, Okamoto Y, Yamawaki S, Ochi, M. Neuroscience letters 581巻 109-114頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 社交不安のサブタイプとビデオフィードバックによる認知機能の変化の検討 村中誠司・山田紗稀・吉村晋平 不安症研究 6巻 52-62頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Toward Probabilistic Diagnosis and Understanding of Depression Based on Functional MRI Data Analysis with Logistic Group LASSO. Shimizu Y, Yoshimoto J, Toki S, Takamura M, Yoshimura S, Okamoto Y, Yamawaki S, Doya K. PLoS One 10巻 5号 e0123524頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • fMRI Study of Social Anxiety during Social Ostracism with and without Emotional Support. Nishiyama Y, Okamoto Y, Kunisato Y, Okada G, Yoshimura S, Kanai Y, Yamamura T, Yoshino A, Jinnin R, Takagaki K, Onoda K, Yamawaki, S. PLoS One 10巻 5号 e0127426頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effectiveness of group cognitive behavioral therapy (GCBT) for somatoform pain disorder patients in Japan: A preliminary non-case-control study. Yoshino A, Okamoto Y, Doi M,Horikoshi M, Oshita K, Nakamura R, Otsuru N, Yoshimura S, Tanaka K, Takagaki K, Jinnin R,Yamashita H, Kawamoto M, Yamawaki S. Psychiatry & Clinical Neuroscience 69巻 12号 763-772頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Multiple co-clustering based on nonparametric mixture models with heterogeneous marginal distributions. Tokuda T, Yoshimoto J, Shimizu Y, Toki S, Okada G, Takamura M,Yamamoto T, Yoshimura S, Okamoto Y,Yamawaki, S, Doya K. arXiv 1510.06138巻 2015 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cognitive behavioral therapy changes functional connectivity between medial prefrontal and anterior cingulate cortices. Yoshimura S, Okamoto Y, Matsunaga M, Onoda K, Okada G, Kunisato Y, Yoshino A, Ueda K, Suzuki S, Yamawaki, S. Journal of Affective Disorders 208巻 608-614頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Increased amygdala reactivity following early life stress: a potential resilience enhancer role. Yamamoto T, Toki S, Siegle G, Takamura M, Takaishi Y, Yoshimura S, Okada G, Matsumoto T, Nakao T, Muranaka H, Kaseda Y, Murakami T, Okamoto Y, Yamawaki S. BMC Psychiatry  17巻 1号 27頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The effect of induced optimism on the optimistic update bias Yoshimura S, Hashimoto Y. BMC Psychology 8巻 1-7頁 2020 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • うつ病の認知に関する脳機能局在 岡本泰昌・木下亜紀子・小野田慶一・吉村晋平・松永 美希・高見浩・山下英尚・上田一貴・鈴木伸一・山脇 成人 基礎心理学研究 25巻 2号 237-243頁 2007 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • うつ病の認知に関する脳機能画像研究 岡本泰昌・木下亜紀子・吉村晋平・小野田慶一・松永 美希・志々田一宏・上田一貴・鈴木伸一・山脇成人 心身医学 47巻 8号 705-712頁 2007 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • うつ病に対する集団認知行動療法の展望 松永美希・鈴木伸一・岡本泰昌・木下亜紀子・吉村晋平・山脇成人 精神科治療学 22巻 9号 1081-1091頁 2007 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 大学病院精神科における取り 組み―集団認知行動療法プログラムによる復職・社会復帰支援 松永美希・岡本泰昌・鈴木伸一・木下亜紀子・吉村晋平・吉野敦雄・山脇成人 精神科 11巻 6号 468-474頁 2008 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • ストレス適応の神経生理学的基盤 岡本泰昌・小野田慶一・三宅典恵・吉村晋平・吉野 敦・黒崎充勇・世木田幹・岡田剛・山下英尚・山脇成人 日本薬理学雑誌 131巻 1号 5-10頁 2008 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • うつ病の自己認知に関する脳機能画像研究 吉村晋平・岡本泰昌 医学のあゆみ 231巻 10号 1009-1014頁 2009 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 精神療法の理解に向けた ニューロイメージングの応用-うつ病の認知行動療法を一例として- 吉村晋平・岡本泰昌・山脇成人 臨床精神医学 40巻 4号 471-478頁 2011 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • ストレスとイメージング-画像で診る- 吉村晋平・岡本泰昌・吉野敦雄・粟井和夫・山脇成人 Heart View 16巻 7号 18-22頁 2012 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • fMRIを用いたうつ病の心理-生理学的メカニズムの検討 吉村晋平 基礎心理学研究 31巻 1号 64-73頁 2012 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 損失場面での衝動的選択は社交不安と関係するか? -損失の遅延価値割引課題を用いた予備的検討- 池田正樹, 吉村晋平 人文研究 72巻 125-46頁 2021/03/31 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)

講演・口頭発表等

  • 心理職に必要な学びとその教育」 -養成機関と現場で共有すべき課題とは- (会議名:北陸心理学会第56回大会)(2021/12/18)
  • 感情認識と感情制御の連関についての実験的検討(会議名:日本心理学会第85回大会)(2021/09/01)
  • Ambiguous Scenario Testによる抑うつに関連した解釈バイアスの測定(会議名:日本感情心理学会第28回大会)(2020/06/20)
  • 恐怖条件づけの消去における脱フュージョンと自発的な回避の抑制の影響(会議名:日本認知・行動療法学会第46回大会)(2020/09/11)
  • 社会的経済地位・認知バイアス・認知的再評価が抑うつに与える影響 (会議名:日本心理学会第84回大会)(2020/09/08)

全て表示

  • 抑うつにおける解釈バイアスの因果的役割ー交差遅れ効果モデルによる検討ー(会議名:第20回日本認知療法・認知行動療法学会)(2020/11/21)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「感情障害における情動制御障害の心理生理学的メカニズムの検討」(2013-2017) 代表者
○基盤研究(C)「感情障害における感情認識と感情制御の連関と神経基盤の因果的役割」(2019-2022) 代表者

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ